市民ZOOネットワーク主催のエンリッチメント大賞2012に参加してきた&写真を展示してきた

2012年12月2日

2012年12月1日、市民ZOOネットワーク主催のエンリッチメント大賞2012に行ってきました。去年に続いて2回目の参加。

市民ZOOネットワークというのは、「動物園を通して人と動物の関係を考える」をテーマに活動されているNPO法人です。僕も、活動の役に立ってほしいという気持ちでサポーターとして登録しています。

「エンリッチメント」というのは、「動物福祉の立場から、飼育動物の『幸福な暮らし』を実現するための、動物園や水族館での具体的な方策」のことです。動物園にいる動物たちができるだけ幸せに暮らせるような取り組みのこと、と思っていただいて結構です。詳しくは市民ZOOネットワークのサイトの「エンリッチメントってなんだろう?」のページをご参照をば。

写真展への参加

今年はもうひとつ、参加者による写真展への展示にも参加しました。相方さん宛にいろんなご縁でお声掛けをいただき、相方さんと僕とで「カシャコ!」として末席を濁してきました。こういうのに展示として参加するのはまったく初めてで、ドキドキというか、僕らみたいなのが写真なんて出していいんですかという感じで、おそるおそる。

準備はほとんど相方さんががんばってくれました。


こんな感じ。


一応記念撮影してみたり。


どきどき。

秋吉台自然動物公園サファリランドのアフリカハゲコウへのフリーフライトの取り組み

さて、エンリッチメント大賞2012表彰式&受賞者講演会。基調講演や、今回のエンリッチメント大賞で受賞された動物園に方々による講演をいただきました。こういうお話を聞ける機会はそれほどありません。

一番興味深く、また見てみたいと思ったのは、秋吉台自然動物公園サファリランドのアフリカハゲコウへのフリーフライトの取り組み。


会場内の展示から。

大型の鳥は、動物園では大きなゲージの中で飼育されることが多く、鳥本来の行動や生態、「はばたいて大空を飛ぶ」という姿を見ることはできません。それを、この秋吉台自然動物公園サファリランドでは、トレーニングをした上でフリーフライトを試みているとのこと。

お話を聞く前に会場の展示の写真を見ただけで、「見てみたい!」と思わせます。本当に見てみたいです。山口県に行きたい理由がまたひとつできました。

アフリカハゲコウ@とべ動物園
とべ動物園で見たアフリカハゲコウ

僕はとべ動物園でアフリカハゲコウを初めて見ています。行ったことのある千葉市動物公園にもいるのですが、僕はどうもスルーしているようです(相方さんは写真に収めている……)。「ちょいワル親父」的な見た目のワイルドさがかっこよくて、僕もお気に入りの鳥です。

アフリカハゲコウのちょいワル親父@とべ動物園(2012-5-15撮影) | Kashaco! / カシャコ!

講演では、どのようにトレーニングしているかや実際のフリーフライトの様子が紹介されました。過去2度の「逃亡」にもかかわらず、この取り組みをなんとか続けていらっしゃる意図や姿勢、そういうお話に軽く胸を打たれたというかグッと来たというか、すてきですね。本当に一度見に行きたいです。スライド資料もとても丁寧に作られていて、デザインもすてきで、少し驚きました。

秋吉台自然動物公園 サファリランド公式HP/山口県 動物園 遊園地

懇親会にもお邪魔

写真展に参加させていただいた流れで、懇親会にもお邪魔させていただきました。Web関連のこういった会ならまだなんとか取り繕うことができるのですが、動物園関係者のこういった会は初めてで、アウェー感を感じながら隅っこの方でもじもじしてました。そんな中でも何名かとお話しさせていただいたり、「カシャコ!」を見ていただいている方がいらっしゃったり(イベント中にツイートのリプライをいただくとは思っていなかったです)、楽しい時間でした。恥ずかしながらも、展示した写真の好評をいただいたり、その関係で少しマイクを持ってしゃべる羽目になったり笑

来年も参加しようと思います。

エンリッチメント大賞2012
市民ZOOネットワーク
去年の模様はもうひとつのブログに書いているのでそちらをどうぞ

「エンリッチメント大賞2012表彰式・受賞者講演会」で写真を展示しました | 近頃

[Ad]

プロフィール

マキタニです。動物園と美術館を最近は好みます。
» マキタニのプロフィール

Twitter Instagram RSS Feed

[Ad]