ポール・マッカートニー&ウイングスのDVD『ロックショウ』とCD『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』

2013年10月26日

ポール・マッカートニー&ウイングスのDVD『ロックショウ』とCD『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』。DVDもなんとか時間を作って見て、CDもiPod nanoで何度か聴き、だいぶ時間が経ったけれどちょっと書き残してみる。

ポール・マッカートニーはずっと長くファンだけれど、この『ロックショウ』関係はまとまったパッケージではちゃんと聴いたことがなかった。曲単位では各所で聴いたり見たりしていたけれど、CDもなぜか持ってなかったんよね。リマスターされたので、晴れてやっと購入。

というか、ポールのリマスターCDのプロジェクトの展開が遅すぎるよなあ。このペースでリリースされると、パッケージとしてのCDの時代の方が先に終了してしまいかねない。2010年から3年経って5作品しかリマスターされていなくて、ポールのCDあとどれぐらいあると思ってるんだろう。あと、あんまり考えたくないけれど、ポールが健在のうちに早く(略)。余談終了。

で、ウイングス。一番バンドとしても状況のいい頃の一つなのかな。「ヴィーナス・アンド・マース~ロック・ショウ~ジェット」のオープニングの3曲メドレーは気持ちいいし、「あの娘におせっかい」「心のラヴ・ソング」のポップミュージックもすてきだし、「ソイリー」もアツい。

「心のラヴ・ソング」はいまもライブで聴きたいよなあ。日本公演で演奏しないかなあ。大好きな曲なんだけどなあ。

▶ ‘Silly Love Songs’ (from ‘Rockshow’) – Paul McCartney And Wings – YouTube

DVDの映像はやっぱり時代もあって色が赤っぽかったり青っぽかったりというのが強いんだけど、リンダが意外にしっかりキーボードを演奏しているんだとか、「あの娘におせっかい」ではポールはピアノなんだとか、「死ぬのは奴らだ」も意外にパワフルに聴けるんだとか、楽しい。いいわあ。

リマスターを早くしてくれというのと、ライブ早く見たい、楽しみ、です。

B00C7NKPPSWings Over America
ポール・マッカートニー、ウイングス
アマゾンで詳しく見る »

B00BTCZPBCロックショウDVD
ポール・マッカートニー & ウイングス
アマゾンで詳しく見る »

[Ad]

[Ad]