「芹沢銈介の世界展」を見に行く(2014年9月20日)

2014年10月19日

2014年9月20日、日本橋高島屋まで、「芹沢銈介の世界展」を見に行く。型絵染めの人間国宝だった方だそうだけど、デザインとしてものすごくかっこいい作品が多く、とても好き。初めて実際に作品展を見ることができた。

日本に「デザイナー」という言葉がない時代から、この人は「デザイン」をやっていたんだろうなあ。

文字や図形をモチーフに紋様やマーク、模様のようにあしらえたものが、特に僕の好物。もし芹沢銈介がご健在で、僕にお金があったなら、仕事を発注したい、というようなレベル。失礼ながら。

日本橋高島屋に1回ショーウインドウでは、「いろはにほへと」と一文字一文字から連想されるものをあしらった作品をモチーフに、大きく展示されていた。かっこいい。

図録は展示作品中心の内容だったので、一緒に販売されていた別の書籍を購入。紋様図譜の本。文字を題材にデザインしたものが大好きなので、眺めているだけでも楽しい。

20140920_serizawa04

20140920_serizawa05

開催期間が短かったけれど、行けてよかった。たぶん今年行った展覧会では2番目に楽しかった展覧会。

芹沢銈介 文様図譜 (コロナ・ブックス)芹沢銈介 文様図譜 (コロナ・ブックス)

[Ad]

[Ad]