「芹沢銈介のいろは」展を見に行ってきた

2016年4月10日

東京国立近代美術館工芸館まで、「芹沢銈介のいろは」展を見に行ってきた。

芹沢さんの作品は大好きだ。色がきれい。デザインがすてき。いま見てもまったく遜色がないというか斬新というか、前も書いたかもしれないけれど、僕の会社のロゴや何かのデザインを発注したいくらい。かなわないし、無理だけれど。

今回の「芹沢銈介のいろは」展では、屏風やのれん、型染本、カレンダーなどだけじゃなく、手書きの下絵も数多く展示されていた。

色使いもそうだし、文字をモチーフにした作品がもう、大好き。いつか時間を作って、お酒でも飲みながら作品集を眺めて過ごしたい。

芹沢銈介のいろは―金子量重コレクション | 東京国立近代美術館工芸館

[Ad]

[Ad]