ちひろ美術館・東京まで「村上春樹とイラストレーター」展を見てきた

2016年7月31日

2016年7月24日、ちひろ美術館・東京まで「村上春樹とイラストレーター」展を見てきた。ちひろ美術館・東京は家から近くて、近所に美術館があるのはすてき。

会場の部屋にジャズが流れてて、展覧会でジャズがかかっているのは珍しいなと思った。なんでも和田誠と村上春樹セレクションのジャズCDだそう。いいよね、こういうの。

村上春樹の本の表紙や挿絵でゆかりのある、佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸の4名の作品展。村上春樹の本の表紙や見たことのあるイラストがいっぱい。

2階の部屋だったかな、部屋に入ってすぐのところで佐々木マキ氏の羊男のイラストが目に飛び込んできて「わあ!」とテンションが上がる。ところで、佐々木マキ氏って男の人だったんだ。大変失礼ながら全然知らなかった。

とても良かった。羊男のグッズがもっとあれば買ってたなあ。

<企画展>村上春樹とイラストレーター- 佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸 - | ちひろ美術館・東京

[Ad]

[Ad]