サントリー美術館まで「鈴木其一」の展覧会を見に行った

2016年10月30日

サントリー美術館まで鈴木其一の展覧会「鈴木其一 江戸琳派の旗手」を見に行ってきた。

琳派の絵は好きで、でもたぶんよく知っているのは尾形光琳の作品が中心で、そこまで知らないはずの鈴木其一の作品。でも、とてもよかった。思った以上にすごく良くて、勢いで図録も買った。たぶん今年見た展覧会で1番か2番。この後日に「大仙厓展」を見てそれも良かったので、それで一、二位を争う感じ。

鈴木其一の展覧会は展示替えが多くて、僕らは会期の初め頃に行ったんだけれど、会期の後半に登場する「風神雷神図襖」や「夏秋渓流図屏風」も見たかったので、後半にも見に行った。一つの展覧会に2度見に行ったのは初めてかもしれない。前期に見た「富士千鳥筑波白鷺図屏風」も良かった。雪がどさっと落ちてくる様子の絵も良かった。

山下裕二さん(明治学院大学教授)が、たしかNHKの番組「日曜美術館」で「伊藤若冲のブームの次は鈴木其一かも」とおっしゃっていた。そこまで美術に詳しくない僕でも少し興奮するくらいだったから、もしかしたらそうなってもおかしくないかもね。

鈴木其一 江戸琳派の旗手 サントリー美術館

鈴木其一―琳派を超えた異才 (ToBi selection)
河野 元昭 (著)
アマゾンで詳しく見る »

[Ad]

[Ad]