つじあやの ライブ@バナナホール(2004年7月5日)

2004年7月11日

7/5(月)は、つじあやののバナナホールでのライブでした。僕はこの日、朝6時20分の新幹線で東京から大阪に戻り、そのまま会社に出て、夕方会社を抜け出すように飛び出して(?)、会場に駆けつけました。相方さんが先に会場入りして席を取ってくれていたので、前方のテーブル席になんとかもぐりこむ。しかしあれだな、ものすごく狭いな(えーと、バナナホールも狭いけど、テーブル席も狭い。これじゃあ身動き取れないよ)。

まあそれでも疲れてるくせにビールを飲み、ちょっとつまんだりして開演へ。つじあやの嬢、スカートです。

打ち込みのリズムパターンから「ぎゅっと抱きしめて」でスタート。うーん、この曲から始まるのかぁ。ていうかバンドが変な編成だ。チェロはいいとして、ギターがいない。暴挙か。

MCでは、バナナホールがアマチュア時代に前座とかで出てたので懐かしいとか、アノニマスの関西弁での発音がどうのとか、ツアーメンバーの車がバーストしたとか、相変わらずユルイ感じのMC。でも、デビューして2年ぐらいは、あやの嬢が喋っているだけでなんだか笑えたのに、その辺は進化しているような気もする。そりゃまぁ人間歳もとるしね。「バッグとポーチが売れてないので買ってください」トークには相方さんと大笑い。

一番ぐっときたのはフィッシュマンズの「頼りない天使」(だったっけ?)のカバーのとき。フィッシュマンズにちょっと疎いのでオリジナルを知らないんだけど、この曲の演奏中だけは空気が止まっていたような感じがした。この人は、あまり何も考えていないようでいて、ときどき物凄いことをするから不思議だ。

とまれ、全体的に和やかな感じのライブでした。ホールが狭い上に、こちらはテーブルで座って見ていたおかげで、なんというか、学芸会みたいな雰囲気がちょっとあったり…。あと、あやの嬢がスカートだったので、椅子に座っている僕らからはちょっとどきどきでした。えーと、それは置いといて。

アルバム『恋恋風歌』が出たとき、声がなんだかものすごく大人な感じになったなぁと感じていたのに、『COVER GIRL』で可愛い感じが戻ってきて、でこの日のライブもちょっと可愛い感じに聞こえたので、この人はどう転がるんだろう?と思ったり思わなかったり。それにしても、「桜」を聞くと、歌がうまくなったなぁ。

あと、アンコールで呼び出すとき、後ろの方で「あっやっのっ!」ってやっている人がいてすごく笑えたんですが、そういえば去年の大阪のライブでもやってなかったっけ?大阪では恒例になってしまうのか?

ツアーグッズは今回は買わず。相方さんとベトナム料理を食べて帰路へ。満足満足。

最近、文体にまとまりがないなぁ。

[Ad]

プロフィール

マキタニです。動物園と美術館を最近は好みます。
» マキタニのプロフィール

Twitter Instagram RSS Feed

[Ad]