つじあやのライブ@リキッドルーム(2007年8月29日)

2007年9月2日

8/29、恵比寿のリキッドルームにてつじあやののライブ。ワンマンって去年の10月以来ですか。

いそいそと仕事を片付け、18時15分ぐらい?に到着。相方さんがステージに向かって右方後方の椅子席を取ってくれていた。ステージまで遮るものなく見えてなかなかよろしい。もう歳なんで、スタンディングとかきついんよ。あと、リキッドルーム前方に椅子席が設けられてた。

手短に感想を。準備不足だとか言う人もいうだろうけど、僕はすごく楽しめた。昔の曲を結構やった印象があったし、「虹」とか嬉しかった。あと、あれだ、100sの玉田豊夢のドラムが入ってからはドラムばっかり見てた。あんなにうまいドラムを見たのは久しぶり。惚れ惚れした。かっくええ。「Fly High」はあんまり観客の反応はよかったとは言えないけど、僕の中ではベストトラックだったかもしれない。

「第三の男」の合唱で場がほぐれた感じ。そのあとの「パレード」への流れがとてもよかった。その流れを「君の歌」で止めるのがあやの嬢。

最後のタイトル未定の誕生日がテーマの歌、「Sweet Happy Birthday」というタイトルがきっと候補なんやろなと思うけど、ああやってしんみりとした歌でまとめるのがうまくなったなと思う。この日実は3回ぐらいウルウルきて、1回はこれ。なんかずるいな。

「第三の男」で後ろの椅子席からみんなの観客の反応を見ながら、なんかちょっと別のことを考えていて、別のところで別のことを書いた。別に全然否定しているわけじゃないよ。あの曲をやったのはとてもよかったと思う。

以下はあやの語録。

  • ノアの箱船みたいや。
  • (大分の)宇佐(U.S.A)、見に行った方がええよ。
  • あれ、なんて言うんやった? ……学術書。
  • アンコール、長くします。
  • 不思議な夜になりました。

以下はセットリスト。

  1. そばにいるから
  2. ブルー
  3. 酔いしれて(ここまで弾き語り)
  4. クローバー(ここからピアノ坂とベース伊賀が参加)
  5. きっと言える(ユーミンのカバー)
  6. 第三の男
  7. パレード
  8. 君の歌
  9. Fly High(ここからドラム玉田が参加)
  10. 風になる
  11. 愛の真夏
  12. 都会(大貫妙子のカバーらしい)
  13. 雨音
  14. ぎゅっと抱きしめて
  15. さよなら愛してる(ここからアンコール)
  16. 桜の樹の下で
  17. サンデードライバー(新曲。ここから弾き語り)
  18. ミルク(ユニコーンのカバー)
  19. タイトル未定(新曲。誕生日がテーマの曲)

[Ad]

プロフィール

マキタニです。動物園と美術館を最近は好みます。
» マキタニのプロフィール

Twitter Instagram RSS Feed

[Ad]