2018年以降、ポール・マッカートニーのアーカイブ・コレクションは発売されないのではないか

2017年12月13日

2018年以降、ポール・マッカートニーのアーカイブ・コレクション・シリーズのCDは発売されないんじゃないかな。なんとなくそんな気がしてきた。

今年2017年の経緯をおさらいしておく。2017年の3月に、『Flowers In The Dirt』がリマスターされてCDなどが発売された。豪華な「Deluxe Edition」が過去にない価格感になったり、シングルB面曲がダウンロードのみでの提供だったりと、モヤモヤする形態でのリリースだったけれども、まずは「Elvis Costelloとのコラボ作品」としてまとめられた形だった。

2017年の12月には「アーカイヴ・コレクションのうち8作品の再発」なんてのがあった。メインの売りがLPでのリリース。マニア向けのホリデーシーズン商品。まだアーカイブ・コレクションは終わっていないように見えるのに、「再発」されている。

さて。

アメリカ音楽市場は、引き続き成長を続けているものの、成長を牽引しているのは急速に売上を伸ばしている音楽ストリーミングサービスだ。2017年には売上の62%がストリーミングサービスによるもの。CDが売れなくなっているのはもう想像できるけれど(売上の16%)、ダウンロードサービスも売上を落としていて、市場における割合も19%にまで大きく減らしている。


The State of Music Mid-Way Through 2017 – RIAA – Medium より

音楽は、「アルバム作品」としてはほとんど価値をなくしてしまっているように思える。少なくとも「パッケージ」としては市場は完全に縮小している。

加えて先日、アップルが2019年にiTunesでの音楽ダウンロード販売を終了するのではという噂が流れた(アップルは否定)。

アップル、2019年にiTunesでの音楽ダウンロード販売を終了との報道を否定 | NME Japan

ポール・マッカートニーのアーカイブ・コレクションは、2010年にスタートして、7年間で10作品をリイシューしてきた。仮に彼の残りの作品をリイシューするとして、「プロジェクトはあと何年かかるのか」と「音楽のパッケージの文化はそのとき残っているのか」を考えれば、いまのペースでのリイシューだとプロジェクトは頓挫してしまうように思える。

アーカイブ・コレクション化されていないポールの作品は、2000年までの発表作品をカウントしてもまだ10作品ほどある。しかも『Wings Wild Life』『Red Rose Speedway』『London Town』『Back To The Egg』と、あまりメジャーではない作品が残っている。売上も従来ほどは期待できない。

ポール・マッカートニーも75歳だ。そう、75歳なんよ。プロジェクトはあと何年かかるのよ。

2018年以降、ポール・マッカートニーのアーカイブ・コレクション・シリーズのCDは発売されないかもしれない。2016年夏からポールの契約はCapitol Recordsに戻ったので(『Flowers~』はそこから最初のアーカイブ・コレクションだったんじゃないかな)、もしかすると残りの作品を一挙発表とかあるかもしれない。個人的にはもちろんパッケージでちゃんと発売されてほしいのだけれども。

[Ad]

プロフィール

マキタニです。動物園と美術館を最近は好みます。
» マキタニのプロフィール

Twitter Instagram RSS Feed

[Ad]