もしポール・マッカートニーがライブでビートルズの曲を演奏しなかったら

2011年9月30日

もし、ポール・マッカートニーがライブでビートルズの曲を演奏せず、ビートルズ解散後のソロやウイングスの曲しか演奏しなかったら。はい、タイトルはもしドラのもじりです。すいません。

そんな設定で、勝手にポールのライブの構成(セットリスト)を考えてみた。自己満足です。あー楽しい。

「ポール・マッカートニーのライブでビートルズ時代の曲を演奏しなかったらどうなるんだろう?」

きっかけは、ポール・サイモンの最近のライブのセットリストを見ていて、彼の最新作『So Beautiful So What』のツアーではサイモン&ガーファンクルの曲は3曲しかやってないんよね。「The Only Living Boy in New York」「The Sound of Silence」「The Boxer」の3曲。潔い。夜更けにYouTubeの映像もひととおり延々と見たけど、すごく満足できる納得の内容だし、これライブで僕が見たとしたら狂喜乱舞してると思うくらいの内容。まあS&G時代とソロ時代でだいぶ違うし、ソロの方が僕も圧倒的に好きだしね。

ところで、ライブのセットリストを共有する「setlist.fm」という海外の素敵なサイトがある。「あのアーティストのライブ見に行けないんだけど、どんな曲やったんだろう」というのが、相当網羅されている。それだけのサイトなんだけど、なんか好き。余談終わり。

そういうのを知って、「じゃあポール・マッカートニーのライブでビートルズ時代の曲を演奏しなかったらどうなるんだろう?」と思って、夜な夜なああでもないこうでもない、と考えてた。

こんな感じ。

セットリスト

  1. Venus and Mars / Rock Show
  2. Jet
  3. Figure of Eight
  4. Listen to What the Man Said
  5. Let Me Roll It
  6. Flaming Pie
  7. Fine Line
  8. Call Me Back Again
  9. Wanderlust
  10. So Bad
  11. Every Night
  12. Junk
  13. Here Today
  14. Calico Skies
  15. Dance Tonight
  16. My Brave Face
  17. Veronica
  18. Souvenir
  19. All Things Must Pass
  20. Silly Love Songs
  21. Getting Closer
  22. Junior’s Farm
  23. Only Mama Knows
  24. Soily
  25. Maybe I’m Amazed
  26. My Love
  27. No More Lonely Nights
  28. Mrs. Vandebilt
  29. Band on the Run
  30. Live and Let Die
  31. Rockestra Theme (encore 1)
  32. Young Boy
  33. Goodnight Tonight
  34. Coming Up (encore 2)
  35. Nineteen Hundred and Eighty-Five
  36. Beautiful Night

解説

いやー、このライブ見たい。きっと楽しい。そりゃそうだ、僕の好きな曲が並んでるわけだから。

でも、ただ単に好きな曲を並べたわけじゃなく、好きな曲も結構外しているし、ライブ映えするものやポールがやりそうな曲もちゃんとたくさん入れている。ベースとギターの楽器チェンジ、ピアノへの楽器チェンジもちゃんと考えてある。ぬかりないのだ。このままポールにプレゼンしたい。

やっぱオープニングは「Venus and Mars / Rock Show / Jet」やんな。それしかない。「Listen to What the Man Said」はなんでずっとライブで演奏しないんだろう。1980年代のテレビ番組で何度か演奏もしているのに。

「Wanderlust」「So Bad」は、みんなライブで聴きたいでしょ?でしょ?

「My Brave Face」はもう演奏しないだろうなあと思いつつ、ポップミュージックのキラキラした感じと勢いがうまくあった素敵な曲だし、同じエルヴィス・コステロとの競作曲「Veronica」とのコンボで派手にやってほしいなあ、という勝手な妄想。「Veronica」のポール・バージョンって聴いたことないしな(笑)。でも「My Brave Face」より「Veronica」の方がメロディがポールっぽいとずっと思ってる。

「All Things Must Pass」のジョージのカバーが入っているのは、「Here Today」とあわせてという意味で。「All Things Must Pass」って何度かポール演奏してるよね。

「Silly Love Songs」。これもキャッチーすぎるからか、ウイングス以来ライブ演奏ないんよな。聴きたい。「Getting Closer」、これいまのポールのバンドで聴きたいんだな。絶対いい感じなはず。「Soily」も同じく。

「No More Lonely Nights」。これ、ここ10年20年のポールのライブの「演奏候補リストには挙がった」っていう噂を目にしたことがあるような気がするけど、気のせいかもしれない。ソロ時代の秀逸なバラードかつギターソロが映える曲なので、聴きたいぞえ。

終盤の曲順と選曲は迷ったけど、本編は「Live and Let Die」でいったん締めて、最初のアンコールは「Rockestra Theme」「Young Boy」「Goodnight Tonight」で。「Goodnight Tonight」って歌の内容とディスコ調がエンディング向きかな、と。

2回目のアンコールは「Coming Up」「Nineteen Hundred and Eighty-Five」「Beautiful Night」で。エンディングは「Beautiful Night」。ライブでやったことないけど、エンディング向きだと思う。いい感じで終わると思う。

こんなライブ、見たいな。ていうか、日本来ないかな。

CDのリマスターがひととおり落ち着いたら、この曲順でiTunesでリスト作って、ひとり楽しんでやる。

ここまで独りよがりな文章を読んでくれてありがとう。

thanks and see also
Paul McCartney Live! without FAB4:White Dragon

B00BTCZPBCロックショウDVD
ポール・マッカートニー & ウイングス
アマゾンで詳しく見る »

[Ad]

プロフィール

マキタニです。動物園と美術館を最近は好みます。
» マキタニのプロフィール

Twitter Instagram RSS Feed

[Ad]

「もしポール・マッカートニーがライブでビートルズの曲を演奏しなかったら」への3件のフィードバック

  1. こんにちは、初めてコメントします!このPaulのライブ、ぜひ見てみたいですね!! 私もPaulは大好きなアーティストで、ソロ時代の曲だけでのライブを見たいひとりです。さっそくプレイリストを作って、今、2時間を超える仮想ライブを体験中です。
    そこでたいへん恐縮なのですが、私のブログでも、このセットリストを、マキタニさんのご都合がよろしければ紹介いたしたく思っているのですが、いかがでしょうか。ご一考、頂けますとたいへん幸いです。よろしくお願いします!

  2. コメントありがとうございます。自己満足なライブのセットリストなので、妄想として僕も楽しんだりします。
    紹介いただいて構いませんよ。どうぞどうぞ。ブログ拝見させてもらいます。

  3. マキタニさん、さっそく、ご返信ありがとうございました。
    後ほど、ブログにてご紹介致しますね。
    また、楽しいPaulの記事をたのしみにしています!

コメントは停止中です。