万博記念公園の国立民族学博物館に行ってきたので、写真を延々とアップするよ

20160710_minpaku_23

先日、大阪に仕事で行ったときに、万博記念公園にある国立民族学博物館に行ってきた。行きたかった場所の一つ。

国立民族学博物館(通称みんぱく)は、博物館の機能を持った文化人類学と民族学の研究所。世界各国の文化や民芸品や宗教的なものの展示が見られる。

大人になったいま見ると、受け止め方全然違う。とんでもないボリュームの展示内容と迫力で、世界の民族の文化の多様性や力強さや生命力のようなものを、ビシバシと感じて圧倒される。今回閲覧としては2時間ほど滞在したと思うけれど、全然時間が足りない。数年前にも行っているんだけれど、そして小さなときにも何度か行っているはずなんだけれど、もっと1日中滞在してみたい。

ということで、ほとんど何も解説できないけれど、撮ってきた写真をただアップしてみる。国立民族学博物館の展示物は撮影OK(一部の特別展などの展示物を除く)。行く際は周囲の人の迷惑にならないように撮影すること。

続きを読む 万博記念公園の国立民族学博物館に行ってきたので、写真を延々とアップするよ

ちひろ美術館・東京まで「村上春樹とイラストレーター」展を見てきた

2016年7月24日、ちひろ美術館・東京まで「村上春樹とイラストレーター」展を見てきた。ちひろ美術館・東京は家から近くて、近所に美術館があるのはすてき。

会場の部屋にジャズが流れてて、展覧会でジャズがかかっているのは珍しいなと思った。なんでも和田誠と村上春樹セレクションのジャズCDだそう。いいよね、こういうの。

続きを読む ちひろ美術館・東京まで「村上春樹とイラストレーター」展を見てきた

手塚治虫記念館に行ってきた

2週間ほど前の大阪出張のとき、行きたかった宝塚の手塚治虫記念館に行ってきた。特別展がウルトラマンでちょっとだけ残念だったけれど、大先輩の足跡巡礼を一つ追加できてうれしい。

上の写真は、エントランスにいらっしゃった火の鳥のモニュメント。

前にどこかに書いたかもしれないけれど、手塚治虫さんとは妙に縁があるというか縁が多いというか接点が多い。すごく多い。細かく書くといろいろ特定されるので書かないけれど。

続きを読む 手塚治虫記念館に行ってきた

宇川征二さんの個展に行ってきた(2016年7月16日)

2016年7月16日、友達つながりで、宇川征二さんの個展に行ってきた。動物をモチーフとした油絵たち。場所は銀座。

絵のテーマ、ストーリーと動物の表情がとても良かった。完全に僕好み。宇川さんからいくつかの絵のテーマを解説していただけたけれど、シュールだったりクスッと笑えたり頷けたり、おもしろい。不思議な魅力。

冒頭の絵は「しりとりとり」という絵で、鳥の名前がしりとりになっていて、くちばしで相手の尻尾をくわえている。かわいい。しりとりも難しい。

続きを読む 宇川征二さんの個展に行ってきた(2016年7月16日)

「若冲展」で買った動植綵絵のポストカード

東京都美術館で開催されている「若冲展」、混雑がものすごいことになっているらしく、そこまでひどい混雑ではなかった開催2日目に行って本当に良かった。もう一回行こうかなと思っていたけれど、そんな混雑じゃ行けない。

その「若冲展」で購入した動植綵絵のポストカード。動植綵絵は30幅あって、そのすべてが6枚組5種類のポストカードで販売されていた。僕は魚介類が描かれている「群魚図」「諸魚図」「貝甲図」などが含まれているセットと、「南天雄鶏図」などの鳥類が多く含まれているセットを購入。

続きを読む 「若冲展」で買った動植綵絵のポストカード

若冲「鳥獣花木図屏風」の象のナノブロックを作ってみた

伊藤若冲「鳥獣花木図屏風」の象のナノブロックを作ってみた。4月24日に東京都美術館「若冲展」に行って買ってきたグッズ。巾着入りだったので、ナノブロック初心者にも関わらず思わず購入。

説明書に食いつきながら2人がかりで取り組んで、約2時間ぐらいでなんとか完成。「あの若冲の象」。ちょっとテンションが上がる。説明書は手書きということもあってか、ちょっとわかりにくい部分があったかも。

続きを読む 若冲「鳥獣花木図屏風」の象のナノブロックを作ってみた

「芹沢銈介のいろは」展を見に行ってきた

東京国立近代美術館工芸館まで、「芹沢銈介のいろは」展を見に行ってきた。

芹沢さんの作品は大好きだ。色がきれい。デザインがすてき。いま見てもまったく遜色がないというか斬新というか、前も書いたかもしれないけれど、僕の会社のロゴや何かのデザインを発注したいくらい。かなわないし、無理だけれど。

続きを読む 「芹沢銈介のいろは」展を見に行ってきた

猫だらけの浮世絵展「あそぶ浮世絵 ねこづくし」を見に行ってきた(そごう横浜店)

そごう横浜店まで、猫だらけの浮世絵展「あそぶ浮世絵 ねこづくし」を見に行ってきた。にゃー。

浮世絵は好きなので、猫づくしということで見てきた。全部が猫の絵なので、1枚1枚見るたびに心の中で「ニャー」と鳴いてしまう。やはり歌川国芳の絵が多かった。

続きを読む 猫だらけの浮世絵展「あそぶ浮世絵 ねこづくし」を見に行ってきた(そごう横浜店)