ポール・マッカートニー『Flowers In The Dirt (Deluxe Edition)』が届いたので、聴いた

昨日(2017年3月25日)、ポール・マッカートニーの『Flowers In The Dirt (Deluxe Edition)』の箱が届いたので、今日ゆっくりと聴いている。普段音楽はヘッドフォンで聴いているけれど、今日はコンポで、少し大きめのボリュームで。

3枚のCDと1枚のDVD、さらにダウンロードしなければいけない十数曲。パッケージとして言いたいことはまああるけれど、それはそれ、作品は作品。

まあ、『Flowers In The Dirt』は懐かしいよね。「My Brave Face」が今回はすごく奥行きがあるように聞こえる。

続きを読む ポール・マッカートニー『Flowers In The Dirt (Deluxe Edition)』が届いたので、聴いた

Fairground Attractionのデモ曲や未発表曲が収録された2枚組CD – 彼らの音楽を買うのは何度目だろう

大好きなFairground Attractionのアルバム『The First of a Million Kisses(ファースト・キッス)』の「Expanded Edition(エクスパンデッド・エディション)」と銘打たれた2枚組CDが発売されるというニュースを聞いたのって、いつだっただろう。2017年1月ぐらいだったかな。「未発表曲やデモ曲も収録」という心躍るうたい文句で、曲のリストも挙がっていた。

奇跡的にリアルタイムで接し、解散後もEddi Readerやその周辺の音楽をずっと追いかけている身としては、未発表曲やデモ曲が新たに発表されるとはもう期待していなかったので、純粋にうれしかった。アマゾンで買ったら在庫切れのステータスのままでなかなか到着しなかったんだけれど。

続きを読む Fairground Attractionのデモ曲や未発表曲が収録された2枚組CD – 彼らの音楽を買うのは何度目だろう

ポール・マッカートニーが妻ナンシーと踊った日比谷公会堂アーカイブ・カフェで、僕らは彼らと同じ蓄音機の音を聴いた

僕がポール・マッカートニーの存在を一番身近に感じたときのことを書く。2015年10月17日土曜日、日比谷公会堂の1階にあった「日比谷公会堂アーカイブ・カフェ」での話。

その日、僕らは日比谷公園に来ていた。ガーデニングショーに知人が作品を出していて、それを見に来ていたのだ。ひととおり見終わって、ちょっと休憩したいねとぶらぶらしていると、目の前に日比谷公会堂の立派な姿が見えてきた。日比谷公会堂を見たのはたぶん初めてで、かっこいい建物やねとiPhoneで写真を撮っていると、相方さんが「カフェがあるよ」と言う。じゃあせっかくなので、そこでお茶でもしようということに。

続きを読む ポール・マッカートニーが妻ナンシーと踊った日比谷公会堂アーカイブ・カフェで、僕らは彼らと同じ蓄音機の音を聴いた

ポール・マッカートニー『Flowers in the Dirt』リマスター内容への違和感

ポール・マッカートニーのCD『Flowers in the Dirt』の今回のリマスター再発内容にすごく違和感があって、いま気になって調べたら、世界的に一部のファンもそう思っているみたい。change.orgに懇願が出ている。

違和感を要約すると、『シングルB面曲やリミックス、別バージョン曲は、一番高額の豪華パッケージを購入しないと入手できず、しかもそれはダウンロードでしか提供されない』、たぶんこれに尽きる。

続きを読む ポール・マッカートニー『Flowers in the Dirt』リマスター内容への違和感

エディ・リーダーのライブに行ってきた(2016年7月6日ビルボードライブ東京)

2016年7月6日、エディ・リーダーのライブに行ってきた。場所は久しぶりのビルボードライブ東京、僕らが見たのは7月6日の1stステージ。2014年のライブから2年ぶり。

続きを読む エディ・リーダーのライブに行ってきた(2016年7月6日ビルボードライブ東京)

池袋ジャズフェスティバル2016に行ってきた

2016年5月21日、池袋ジャズフェスティバル2016に行ってきた。

相方さんの友達が1日目の昼に出演して演奏するというので、じゃあ一緒に見に行こうということでなんとなく付いていったような感じだったんだけど、いろんな演奏を見ているとすごく楽しくて、結局その日の夜の最後のステージまで見ていた。

途中でFacebookに池袋ジャズフェスティバルに来ている旨を投げると、僕の友人の弟がその日の夜に出演するとか、友人の友人が明日出演するとか、なんだか意外に身近な音楽イベントに感じてきて、じゃあせっかくなので夜までいようか、となった。

続きを読む 池袋ジャズフェスティバル2016に行ってきた

ポール・マッカートニー『Pure McCartney』にはコステロ共作曲が未収録

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)の各ソーシャルメディアアカウントが謎の音源コラージュを公開した後に、2016年6月10日の発売が発表されたベスト盤『Pure McCartney』。グローバルで発売された前回のベスト盤が1987年発表の『All The Best!』なので、実に29年ぶり。えっと、そんなに経つんですか……。

複数のフォーマットがある中で、一番収録曲が多いのが4枚組CDの67曲。ひととおり聴くと、たぶん4~5時間かかるんだろうな。「ポールのソロ曲で4枚組のベスト盤を編集しなさい」と言われると100人が100通りのベスト盤を作るはずで、もはや万人が納得するようなものはむずかしいだろうなーという中、まずは「いい内容のベスト盤ですよね」と言っておく。きっと楽しいはず。

続きを読む ポール・マッカートニー『Pure McCartney』にはコステロ共作曲が未収録

Eddi Readerの新しいベスト盤『The Best of』、2016年3月11日発売

The Best of Eddi Reader

Eddi Reader(エディ・リーダー)の新しいベストアルバム『The Best of Eddi Reader』が、2016年3月11日に発売されるっぽい。Fairground Attraction時代からソロ最新作の『Vagabond』あるいは『Back the Dogs EP』(どちらも2014年)までの、キャリア包括の2枚組ベスト盤、全30曲。

収録曲30曲の内訳を軽く調べてみた。Fairground Attraction時代の曲が3曲、ソロ1作目『Mirmama』から3曲、『Eddi Reader』から2曲、『Candyfloss And Medicine』から1曲、『Angels & Electricity』から4曲、『Simple Soul』から1曲、『Driftwood』からは0曲、『Peacetime』から3曲、『The Songs of Robert Burns』から4曲(「Ae Fond Kiss」はおそらくこのアルバム収録のバージョンだろう)、『Love Is The Way』から4曲、『Vagabond』から3曲、『Back The Dogs EP』から2曲。

続きを読む Eddi Readerの新しいベスト盤『The Best of』、2016年3月11日発売