もしポール・マッカートニーがライブでビートルズの曲を演奏しなかったら

もし、ポール・マッカートニーがライブでビートルズの曲を演奏せず、ソロ時代やウイングスの曲しか演奏しなかったら。そんな設定で、勝手にポールのライブの構成(セットリスト)を考えてみた。自己満足です。あー楽しい。

「ポール・マッカートニーのライブでビートルズ時代の曲を演奏しなかったらどうなるんだろう?」

続きを読む もしポール・マッカートニーがライブでビートルズの曲を演奏しなかったら

Paul McCartneyのIt’s So Easyってどうせ軽い感じのだろうと思ってたら、ずいぶんとどっしりしたものが出てきたでござる

バディ・ホリー(Buddy Holly)のトリビュートアルバムに、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)が参加。「It”s So Easy」をカバーしている。

で、まあなんというか、聴く前からなんとなくイメージできるというか、「きっとそんなにはずしたことしないよね」と思っていたら、ずいぶんとどっしりしたロックなものが出てきて、ビックリしたでござる。

いやちょっとあんた、バディ・ホリーのカバーでこんなロックなことするとは思ってなかったわよ。

2年前のアメリカのツアーでちょうどバディ・ホリーのゆかりの地ということでこの曲をカバーしていて、それはまあ、想像つくカバー。特に奇をてらうでもなく、ポールらしく、オリジナルを尊重した素直な感じ。まあすごく順当っちゃあ順当。

▲テキサス州でのライブから、「It”s So Easy」

それが2年経って、改めてトリビュート盤に収録されるとなると、そんなのになるんや。ちょっとびっくり。かっこいいよ。

7月12日追記。改めてiTunesのページを見ていたら、もう1曲ポールの「It”s So Easy」が収録されてるジャマイカ。なんじゃそりゃ、2バージョン収録。もう一個の方は普通なカバー。帰ったら買わなきゃ。

Happy Birthday to Sir Paul McCartney

今日は6月18日で、ポールマッカートニーの誕生日だった。ハッピー・バースデー。何歳だ?69歳?

ポール・マッカートニーの曲で一番好きな曲は?と聞かれると少し困る。まあいっぱいありすぎて困るんだけど、もし好きな曲を20曲選んでいいよと言われたら、この曲は20曲の中には間違いなく絶対入る。

「Maybe I’m Amazed」。

一番最初のソロアルバム『McCartney』に収録されている曲。こんな感じの熱いシャウトでロックなバラードって、意外に彼にはそんなにない。ギターのリフが実は相当重要なフレーズの曲。

上の写真は、ついこないだ届いたばかりの、リマスター盤の『McCartney』のCD。

いまのところ最後に日本公演をした2002年、大阪ドームでポールのライブを僕は初めて見ることができて、まさにこの曲でじわじわじーんと軽く泣いた。かっこいいんよな。

これは2010年のニューヨークのアポロ・シアターでのライブだけど。こんなちっちゃいところで見られるのは幸せだろうな。

ビートルズの『Love』がボーナストラック付きでiTunes Storesに出たよ

ビートルズ(The Beatles)のアルバム『Love』が、なんと未発表のボーナストラック付きでiTunes Storesに出てます。今日2月14日はバレンタインデー(えーっと、これいつからここで発売されてるんだろ)。

追加されたボーナストラックは「The Fool On The Hill」「Girl」の2曲。さっそく購入しましたよ。

こういう形でビートルズの新しいバージョンが発表されるのって、初めてじゃないだろうか。

LOVE – The Beatles (iTunes Store)

キュートな「Live And let Die(死ぬのは奴らだ)」のカバー

Pato Fuというグループなんだと思うんだけど、ブラジルのグループなのかな? Paul McCartney & Wings(ポール・マッカートニー&ウイングス)の「Live And let Die(死ぬのは奴らだ)」のカバー。なぜか、キュート。かわいい。なんじゃこれ。


YouTube – Pato Fu – Live And Let Die (Paul & Linda McCartney).

↑子供たちがずるい。


YouTube – pato fu live and let die ao vivo altas horas 2010 mircmirc

Jars of Clay – Wonderful Christmastime (Paul McCartneyのカバー)がなかなか良いのだ

ポール・マッカートニーの「Wonderful Christmastime」のカバー。Jars of Clayというグループ、らしい。詳しくは知らないけど、アレンジがなかなかセンス良くて素敵。オリジナルよりスマートで、ポールよりいいやんとか思ってしまう。

去年見つけて、そのときにそのままiTunes Storeで購入。

Christmas Songs (Bonus Track Version) – Jars of Clay (iTunes Store)


YouTube – Jars of Clay wonderful christmastime

そういやRutlemaniaってのがあったと思ってYouTubeで探したら

そういやRutlemaniaってのがあったと思ってYouTubeで探したら、すごすぎて大笑いした。Rutles(ラトルズ)のカバーバンドやんね、これ。すごすぎる。もう、何を見てるのかがさっぱりわからなくなってくる(笑)。

「Rutles」をカバーしているという時点で2周ぐらいひねってるんだけど、クオリティがおかしいくらい高すぎて超絶。何このうまさ。絶対才能を間違えた方向に使ってると思う。

最高。おまけで、ニール・イネスの「with a girl like you」も発掘できた。

Paul McCartney and Stevie Wonder – Ebony And Ivory (live)

これも最近知ったやつ。ポール・マッカートニーとスティービー・ワンダーの「Ebony And Ivory」のライブ。2010年にポールがホワイトハウスでやったライブでのゲストのひとりにスティービー、だそうな。

この曲、1989年か1990年のポールのワールドツアーのレパートリーだったとき、一度だけどこかで競演して演奏してるはずだけど、それ以来かな? いまのポールのツアーメンバーの演奏がパワフル&安定しまくりなので、逆に最近この曲を歌っていないはずのポールの声のブレの方が気になる。ていうか、スティービーの落ち着き具合の方がすごい。