つじあやの ライブ@バナナホール(2004年7月5日)

7/5(月)は、つじあやののバナナホールでのライブでした。僕はこの日、朝6時20分の新幹線で東京から大阪に戻り、そのまま会社に出て、夕方会社を抜け出すように飛び出して(?)、会場に駆けつけました。相方さんが先に会場入りして席を取ってくれていたので、前方のテーブル席になんとかもぐりこむ。しかしあれだな、ものすごく狭いな(えーと、バナナホールも狭いけど、テーブル席も狭い。これじゃあ身動き取れないよ)。

続きを読む つじあやの ライブ@バナナホール(2004年7月5日)

つじあやの ライブ@大阪厚生年金会館芸術ホール(2003年6月27日)

6/27のつじあやのの音楽鑑賞会はとてもよかった。本人がドラム叩きながら歌ったメンバー紹介とか、「靴履き替えていいですか」とか、「靴持ってってくださーい」とか水飲んで咳きこんだりとか。

いやいやもちろん歌もよかったんですが。ほら、「風になる」は好きな曲ベスト3ではないのに、不意をつかれてシングル・バージョンで聴かされるとなんだかウルウルしてしまっり、「クローバー」もあのイントロで来ると思わなかったので「うへっ」とか声出してしまったり。家に帰ってから、セットリストを思い出して書き出したら18曲。

やはり「ぎゅっと抱きしめて」は大きな存在の曲なのか。

つじあやの ライブ – HEARTY VALENTINE LIVE(2003/02/05)

FM大阪の招待ライブに、カノジョさんがなんと抽選で当ててくれたので、仕事を抜け出して一緒に行ってきました(2003/02/05)。

普段はクラシックとかに使われてるらしいフェニックスホールというところ。すんげー綺麗&天井高い&優雅&女性の案内係とかがいてホテルみたいなところでした。

座席の場所が右端だったおかげでプロモーションビデオが全然見えなかったのと、ライブというよりメインはほとんど前半のトークみたいな感じで(あのDJしゃべりすぎだ。むー)、結局5,6曲ぐらいしか演奏しなかったけれど、アンコールで3月発売の新曲「桜の木の下で」を初披露してくれたので、結果ヨシとなりました。いやでもまあ、つじあやの嬢を見られたし、「君が好きです」も「恋人どうし」もやってくれたので、それだけで良かったんですけど。どうもありがとう。いい時間が過ごせました。

つじあやの シークレット・ライブ・レポート@MIDシアター(2000/11/21)

MIDシアター(大阪)2000/11/21 19:00 start

  1. お天気娘
  2. きっと明日も
  3. たんぽぽ
  4. クローバー
  5. おいたままラブレター
  6. 今日はたまたま
  7. 春は遠き夢の果てに
  8. 心は君のもとへ
  9. さようなら
  10. 悲しみの風

150組300人招待のシークレット・ライヴ。抽選で当たっちゃったんですよ。もうただのファンなので。嬉々として行っちゃったんで。でも、300人よりもっと人が来てたような気がする。見たところ一人で来た人も多かったはずなのに、席は満席だったし。

客入れのときのBGMの中に気になる曲があった。ウクレレをバックにバート・バカラックの「雨にぬれても」の口笛のソロ。センスのいい選曲と演奏に「ふむ」と思ってたら、どうやらこれは、関口和之featuring竹中直人の曲らしい。

会場に入ったときにアンケート用紙が配られたので、席に着いてからゆっくり眺めてみる。あやの嬢によるものなんだろうか(違うかな。違うよな)、手書きのアンケート用紙。残念なことに、今日のセットリストが書かれている。あちゃー。「今日演奏した曲で、良かったのはどれですか」 うーん、見なきゃよかった。でも、……10曲? やっぱり10曲で終わっちゃうんですか?(でも、メモしたので上に書いときました)

ステージには中央と右手に椅子とマイクスタンドが1個(本)ずつ。ということは、ウクレレ1本の弾き語りステージで、ゲストがいるな。

19時ほぼちょうどに開演。中央の椅子へのピンスポを残した真っ暗な中をつじあやの嬢登場。ス、スーツ? うぐいす色みたいなスーツ(上だけ)に、ちょいカジュアルなパンツ。観客も行儀良く(?)静かな拍手でお迎え。別に立ち上がったりとかしないで。なんだか中学校の体育館でやる発表会みたいな雰囲気、かな。

いつものように短い挨拶をすまして、ササッと曲を始める。CD になってない曲2曲でスタート。来年の春には新曲が出るらしいので、そちらも楽しみということで。

1曲目か2曲目が終わったところで、「今日はスーツを着てきました」と MC。スーツを着て歌うのは初めてとのこと。ウクレレ用のマイクが、弾くときにサワサワと擦れるスーツの音を拾っていた。それぐらい音響が良かったし、それぐらいみんな静かに聴いていた。リサイタルみたいだ。

3曲目が終わったところで、キセルの辻村(兄)をゲストに迎える。「今日はたまたま」でギターを弾いてる人だ。で、登場して最初の曲が「クローバー」。おおーっ、「クローバー」だよー、と僕は心で一人盛り上がる。そうそう、この曲で僕はノックアウトされたんだ。今日はギターと一緒にやるということで、インディー盤『うららか』収録のヴァージョンの感じ。続く「おいたままラブレター」はファーストとセカンドどちらのものともちょっと違うアレンジで演奏。あーでもなんか、こういうのもいいよな。

MC。「今日はふたりですごいことをしてきました」と、あやの嬢。キセルのふたりとあやの嬢とで、ティン・パンの御三方(細野晴臣、鈴木茂、林立夫)とラジオの収録で会ってきたらしい。狭いスタジオに6人ギュウギュウになって収録したそうだ。「会ってみて、どうでしたか?」と、相変わらずぎこちないんだかよくわかんないテンポで会話を辻村さんに振っていたのもおかしかったけど、「いや、でもあんな感じの人になりたいですよねぇ」とあやの嬢が言うのを聞いて、イマイチ「あんな感じ」になってるあやの嬢を想像できなかったんですが。でも、一緒に仕事してほしいよなと思う。「ティン・パン・アレイ×チャッピー」という組み合わせがあったんだから、「つじあやの×ティン・パン×チャッピー」というのはどうですか? 同じ京都出身ということで。

そして、「今日はたまたま」。CDで聴いたときは取りたてて好きな曲でもなかったんだけど、ライヴではなぜか全然印象が違った。ものすごく良かった。本当にびっくりした。更に、CDでは入っていなかった辻村氏のハモリまで入って、それはそれはとても気持ちよかった。思いもよらなかったけど、この曲が僕にとってこの日のハイライトだった(豆子ページの掲示板によると、どうやらみんなそうだったみたいだ)。

「春は遠き夢の果てに」ではウクレレを膝に置き、辻村氏のギターだけで歌う。『うららか』のアレンジとも違い、もっとゆったりした感じだった。というか、この日の演奏は全体的にとてもゆったりしたものだったですが。

で、まあ12月にあるキセルのライヴの告知をしていきはったんですが、前売り1500円でそのライヴだけのCDが付いてくるらしく、「CDが付いて1500円でお得なんで。さらにドリンクも付いてるんで」と笑いを誘ってた。退場のときもちょっとワンテンポ遅れてしまって、妙なタイミングでステージを去っていったのでそれもなんだかおかしかった。

ギターを置いていったので、もしかしてアンコールがあるかな、と思ったのですが。

そして、ウクレレ一本ものではおなじみの3曲。「心は君のもとへ」のCDに入ってる「つじ家ヴァージョン」(と言ってたような気がする)は、「いつもお姉ちゃんとか友達に聴かせてるテープの音をそのまま入れました」とのこと。ちゃんとアレンジされたヴァージョンもこちらのシンプルなものも、両方とても気に入ってると言っていた。

そういえば、「悲しみの風」はよく考えたらインディー盤のアルバムにしか収録されてないんだ、とふと思った。なんだかすごく勿体ないような気がする。しんみりする曲。

それで、「今日はどうもありがとうございました」と言って、ササッと帰っていっちゃった。最後まで行儀のよかった観客はそれでも静かに拍手でアンコールを求めるんだけど、すぐに会場アナウンスと共に照明が明るくなってしまって、本当にアンコールがなかった。まあ、楽しめたから全然構わないんですが。

ということで、とてもあたたかい雰囲気のライヴでした。なんといっても、ああいうところにポツンと一人きりでウクレレ弾きながら歌うことがよくできるよなと、その密かに隠れた度胸に感心しました(毎度のことながら)。そんなこと、僕には到底できない。