府中市美術館までフィンランド・デザイン展を見に行った

フィンランド・デザイン展

2017年10月9日、府中市美術館までフィンランド・デザイン展を見に行ってきた。フィンランドは独立100周年だそう。

いわゆる北欧デザイン的なものを期待して見に行って、まあ実際ティーマとかイッタラとかマリメッコとかそのとおりだったんだけれど、エリック・ブルーンという人の絵やポスターがとてもよかった。フィンランドのグラフィックの巨匠らしい。

続きを読む 府中市美術館までフィンランド・デザイン展を見に行った

銀座線のパンダ

東京メトロの銀座線には、パンダがいる。新しい黄色の銀座線の、車両と車両をつなぐ部分のドア(貫通引戸というらしい)の模様の中に隠れている。

新しい黄色い銀座線の車両、いいよね。ホームにあの鮮やかな黄色の車両が入ってくると「わあ!」となるし、乗ると元気になる。

「芹沢銈介のいろは」展を見に行ってきた

東京国立近代美術館工芸館まで、「芹沢銈介のいろは」展を見に行ってきた。

芹沢さんの作品は大好きだ。色がきれい。デザインがすてき。いま見てもまったく遜色がないというか斬新というか、前も書いたかもしれないけれど、僕の会社のロゴや何かのデザインを発注したいくらい。かなわないし、無理だけれど。

続きを読む 「芹沢銈介のいろは」展を見に行ってきた

VOXのアンプと坂角総本舗の紙袋が似ている

ずいぶん前から思っていることがあって。

街中で、えびせんべいの「ゆかり」で有名な坂角総本舗の紙袋を見かけると、「あ、VOXのアンプだ」と思ってしまう。とても似ていると思う。

ちょうど家中の不要なものを処分しようと整理をしていたら、20代のときに買ったVOXのミニアンプが出てきた。もう音も割れているしギターも弾かなくなったし、インテリア以外の用途では使わないのでおそらく捨てるんだけれど、いいデザインなんよね。

続きを読む VOXのアンプと坂角総本舗の紙袋が似ている

「芹沢銈介の世界展」を見に行く(2014年9月20日)

2014年9月20日、日本橋高島屋まで、「芹沢銈介の世界展」を見に行く。型絵染めの人間国宝だった方だそうだけど、デザインとしてものすごくかっこいい作品が多く、とても好き。初めて実際に作品展を見ることができた。

日本に「デザイナー」という言葉がない時代から、この人は「デザイン」をやっていたんだろうなあ。

文字や図形をモチーフに紋様やマーク、模様のようにあしらえたものが、特に僕の好物。もし芹沢銈介がご健在で、僕にお金があったなら、仕事を発注したい、というようなレベル。失礼ながら。

続きを読む 「芹沢銈介の世界展」を見に行く(2014年9月20日)

八幡屋礒五郎の七味唐辛子の「動物缶(長野市茶臼山動物園、開園30周年記念)」

長野県の老舗の七味唐辛子のメーカー、八幡屋礒五郎が毎年作っているという、七味唐辛子のイヤーモデル缶。2013年は長野市茶臼山動物園の開園30周年を記念して「動物缶」だったそうな。

国立新美術館に行った際に、ミュージアムショップで売られていたので即購入。なんたって、図柄にレッサーパンダが入ってる。しかも中央に。これは買う。レッサーパンダが中央に描かれたデザインの七味唐辛子なんて、奇跡。

八幡屋礒五郎のオンラインショップでも購入できる模様。

商品のご案内 イヤーモデル缶2013年「動物缶」:八幡屋礒五郎
2013年「動物缶」 | 八幡屋礒五郎 オンラインショップ

エキュート上野にあった「上野駅開業130周年」のパンダのイラストがかわいい

エキュート上野にあった「上野駅開業130周年」のパンダのイラストが、かわいかった。パンダに弁当を食べさすの、ズルい。

いろんなイラストのパターンがあって、それぞれいいんだけど、弁当を食べてるのが一番よかった。

今時のパンダはスマホで「いいね!」もするのか。そうか。