上野動物園での「サンデー!モーニングZOO」に行ってきた

2015年9月27日、上野動物園で開催された「サンデー!モーニングZOO」に行ってきた。通常の開園時間よりも30分早い9時に入園して、動物の観察ツアーとセミナーを聞くという、WWFジャパンと上野動物園の共催イベント。

※都立の動物園水族館を支える東京動物園友の会会員として、またWWFジャパンの活動を支えるサポーターとして、この記事を書いています。

最初の観察動物、スマトラトラの「ケアヒ」も、僕らの到着前からちゃんと待機。この日のイベントの前半は、インドネシアに住む動物を観察しながら、飼育員さんの解説を聞くというもの。スマトラトラは世界に300~400頭ぐらいの絶滅危惧種だとか、タテガミがあるとか(飼育員さんの個人的見解)。

続きを読む 上野動物園での「サンデー!モーニングZOO」に行ってきた

上野動物園の「真夏の夜の動物園」で、アイアイの写真を撮ってきた

アイアイ@上野動物園

2014年8月9日に上野動物園の「真夏の夜の動物園」に行って、アイアイの写真を撮ってきた。

2年前の「真夏の夜の動物園」では思うように写真が撮れなかったので、そのリベンジ。普段は人工的に昼夜を逆転させていてかなり真っ暗な展示場「アイアイの森」が、夜になると照明がついて、明るい中でのアイアイの様子が見られる貴重な機会。この日は18時30分頃から一部屋ずつ5分おきぐらいで明るくなっていった。

18時から待機していると、すでに一部屋だけ明るくしていた部屋の個体が起き出して、駆け回ってくれた。そのおかげで、すてきな写真が撮れた(この部屋はその後暗くなる)。「悪魔の使い」とか言われてるけど、案外かわいい。

アイアイ@上野動物園

続きを読む 上野動物園の「真夏の夜の動物園」で、アイアイの写真を撮ってきた

2014年上野動物園の「真夏の夜の動物園」ではハシビロコウ先輩も大人気

ハシビロコウ@上野動物園(真夏の夜の動物園)

「お静かに」

上野動物園の「真夏の夜の動物園」、2014年のメインイメージがハシビロコウということもあってか、初日の8月8日に行ったときはハシビロコウの展示場に人が群がっていました。ちょうど見やすい位置にハシビロコウがいらっしゃったからなのですが。

ハシビロコウ@上野動物園(真夏の夜の動物園)

ハシビロコウ@上野動物園(真夏の夜の動物園)

「動かない鳥」と皆さんの口から聞こえてきて、ハシビロコウは上野動物園でも人気の鳥なのですが、それでも意外に動きます。この夜も、途中でバザバサと飛んで展示場を旋回して別の位置に移動した際、「ワー」とまた歓声が上がって人がさらに群がる、といったことがありました。

ハシビロコウ@上野動物園(真夏の夜の動物園)

で、この日の目的は明るい中でのアイアイの写真を撮ること。その様子はこちら。
上野動物園の「真夏の夜の動物園」で、アイアイの写真を撮ってきた

2014年の上野動物園の営業時間が延長する「真夏の夜の動物園」は、2014年8月9日(土)から8月17日(日)まで。最終入園受付は19時までで、20時閉園です。

期間中にもう1回行く予定。

上野動物園公式サイト – 東京ズーネット

ちなみに、多摩動物公園の20時まで開園の「サマーナイト@TamaZoo 2014」は8月すべての土日と8月13日(水)から8月15日(金)、葛西臨海水族園の20時まで開園の「Night of Wonder──夜の不思議の水族園」は8月13日(水)から8月16日(土)です。

上野動物園の在来馬の行進(パレード)

20130602_japanese_horse


上野動物園 在来馬の行進(パレード) – YouTube

上野動物園の在来馬の行進の動画です。トカラ馬や木曽馬など、日本在来馬と呼ばれる馬たちのパレードです。夕方15時45分頃に、子ども動物園内の放飼場から寝小屋に戻るために行進します。カッポカッポ。一番最後は木曽馬の赤ちゃん春嵐くん。

2013年5月25日、スマホで撮影。