規格に足りない男の話2

いやあ、お客さん、いまシューズメーカーは男ものは25.5のサ​イズからしか作っていなくてですね、24.5とかないんですね。​なので、小さめの客さまにはこのような中敷きと一緒にご提案して​いるのですが、え? いや、このラコステだけじゃなくて、他のメ​ーカーも全部そうですね、はい。25.5からです。そうなんです​よお。女ものも足の形は少し違いますしね、ですのでこの中敷きと​かを敷いていただいて…、ええ。あ…、そうですか、はい、わかり​ました。はい、またよろしくお願いします。はい。

規格に足りない男の話 | makitani.com

僕はもう走ることができない

僕は走ることができない。
でもそれよりもっと速く歩くことができるんだ。
僕は走ることができない。
でもそれよりもっと速く歩くことができるんだよ。
僕はもう走ることができないんだけど。

Paul Simon “Can’t Run But” を勝手に意訳。

僕はもう走ることができない。残念ながらできないんだ。うん。別に悲しくはないんだけど、まあそういうこともあるよね、ぐらいに思っている。そう、僕はもう走ることができないんだ。

僕はもう走ることができない。飛び跳ねることもできない。たぶん激しい運動のほとんどもできないと思う。でもまあ、生きていればそういうこともあるよね。人生いろいろだからね。

僕はもう走ることができない。でも、普通に歩くことはできるよ。歩くのは好きだけど、むかし無茶して歩いて、足の筋が10本あるところ9本を損傷して、2~3か月足を引きずって歩いてたというバカなことをしてから、あんまり素っ頓狂なことをするのはやめにしたよ。歩くのは大好きなんだけどね。

僕はもう走ることができない。もう、走らなくてもいいと思うんだ。走らなくても、歩いていれば前に進むんよ、前に。止まってたら進まないけどね。走らなくても、歩いていればいいと思うよ。そんなにつらくないしね。

僕はもう走ることができない。走れる人は走ったらいいと思うよ。走ったら気持ちいいよね。風が気持ちいいよね。

僕はもう走ることができない。人生いろいろだからね。でも、そういうのもなかなか悪くないよ。歩いていても、風は気持ちいいしね。歩いていても、風を感じればいいからね。ほら、そういうのでいいだろ?

僕は鳥

ゴイサギ

僕は鳥。

羽を磨いて毛繕いして、尾っぽもちゃんと手入れして、いつでも素敵に飛べるように準備している。

くちばしだって磨いてる。

もちろん、新しい飛び方の勉強や練習も時間を見つけてはやってるし、いろんな国の風の流れや天候の情報チェックも怠らない。

巣のまわりは小綺麗に整えるようにしているし、花の種も植えて水もやっている。

仲間に出会ったら、何かしら、どうすればうまく飛べるのかだったり、どうすればうまく風に乗れたりするのかという話をしている。

笑顔の練習や背伸びの練習だってやってるんだぜ。はは、ちょっと馬鹿みたいだろ。

でもな、やっぱり一番大事だと思ってるのは、もっとうまく飛びたいと思っている鳥たちに出会って、一緒にうまく飛ぶこつを教えあったりすることかな。

おれももっとうまく飛びたいし、みんなももっとうまく飛べるはずだし、そうやってみんなうまく飛べるようになったら、世界って、もっと活気が出ると思わないかい。

まあ、今日はもう遅いから寝ようか。じゃあね。おやすみ。

港町の話

そこは港町だった。良くも悪くも「おっさん臭い町」だった。僕の住んでいたマンションからすぐのところに船寄せの港があり、昼過ぎになると漁船がカモメと共に帰ってきた。風は常に湿気ていたし、髪は少しベトベトした。

不定期にもらえた休みの日は、基本的にあまりやることがなかった。仕事仲間となかなか休日が重ならなかったというのもあるし、一人で休日にどこかに出かけようとする気力があまり生まれなかったというのもある。少し気合を入れて東京に出るか、そうでもなければその辺をぶらぶらして一日を過ごしていた。

続きを読む 港町の話