病院に行くと、地震が起こる

僕が病院に行くと、地震が起こる。まあ、偶然だけど。

2011年3月9日11時45分 三陸沖の地震(M7.2) 最大震度5弱 東京の震度は2。

この日は、家の近くの耳鼻科で、まさに聴覚検査の最中だった。小学校にあったような掃除道具ロッカーのような中に入って、真っ暗闇の狭い中で「ピー」と鳴ったらボタンを押す、というのをやっている最中。こわいっちゅうねん。その2日後にもっと大きいのが来た。

2011年5月20日9時46分 茨城県沖の地震(M5.8) 最大震度4 東京の震度2。

昨日の話。この日は、家の近くの眼科で、まさに視力検査の最中。「右、下」とかやっているとき。「あ、揺れてますね」みたいな。

ちなみに、この耳鼻科と眼科は、同じクリニックファーム(建物)に入っている。だからここに来ると、なんか地震が来る感じ。しかもタイミング悪く、まさに何かの検査中のとき。

3月9日のに関してはちょっと気になることがあった。その1週間ぐらい前から、右耳?がこもったような感じで聞こえにくく、気になるので耳鼻科に行ったのだった。耳鼻科に行くのなんて10年ぶりとかそういうレベル。で、実は3月9日は耳は正常というか聞こえにくいという症状はなくて、で地震が起きた3月9日以降もずっと正常なまま。

地震の前1週間ぐらい、耳がこもったような感じで聞こえにくかった。で地震が起きたら治った。地震との因果関係はわからないけれど、なんとなく僕はつながってるように思う。なんとなくね。

実は伏線があって、その耳鼻科は朝イチの9時前に行ったんだけど、その時点で2時間待ちで、「じゃあ、眼科でも行ってきます」と半年に1回定期検診を受けている眼科に行ったら、右目の網膜剥離が発覚したという。

まあ、いろいろありましたな。ちなみに、右目の網膜剥離で手術したその日の夜23時32分に、これまた結構大きな余震がきた。最大震度6強、東京で3だったやつ。

とまれ、昨日眼の検査を受けている最中に揺れたので、またかいなと感じた次第。大きい揺れがこれから来なきゃいいんだけど。

入院中の出来事をもう少し

網膜剥離での入院の出来事をもう少し。結構意図的に検索避けしてるけど笑

まず、急ぎの手術なためドタバタと入院したので、いろいろご迷惑をかけた。アポをキャンセル(延期)させてもらったり、欠席させてもらったり、お世話になっているところには1週間ほど不在の旨の連絡を入れたり、すいません。リカバリします。提出しなきゃいけないものだけダダダっと急いで提出。

症状を発見してくれた家の近くの眼科と、治療してくれた大きめの病院に感謝。手術で大学病院に移ったときに、「自覚症状がないのにどうしてわかったんですか」と不思議がられた。網膜剥離としてはレアケースの患者だったみたい。

そう、自覚症状はなかった。見えにくいところもなかったし、術後どう変わったかもよくわかっていない。進行速度が遅めの部位だったらしい。

入院した大学病院の対応もよかったと思う。7日間の入院のベッドまわりでお世話になった看護士さんは毎日違ったし昼と夜とでも違ったけど、パソコンでデータ管理しているようで、どの看護士さんも僕の症状をちゃんと把握しているようだった。僕がいた棟のフロアは眼科と形成外科の患者さんしかいないところだったので(とはいえ該当の患者は数十人はいるはずだけど)、てんでバラバラな病気の人ばかりじゃないからかなと思う。

大学病院だったのと、ちょうど4月に入ったばっかりなので、医師も看護士もヒヨっこと若鳥がいっぱいいた。フロアの看護士にはそれぞれ必ず2人ぐらい新人の方がついていたし、眼を診てもらった医師にも若い人がついていて(僕の担当のメンターさんだ)、たぶんこの4月からそこの配置になったんだろうなあという感じだった。そのSさん、土曜日も日曜日も僕の診察をしてくれたけど、ちゃんと休みをもらってるのかなあ。僕が入院中ずっと勤務のようだった。とちょっと心配になってしまったり。

手術は1時間と少し。気分的には長かったな。あと、手術中は痛くないという人もいるみたいだけど、僕は痛かった。麻酔を足してもらった。眼の手術はやだね、もう。気をつけないと。

眼科で同じタイミングで手術した方何名かとお話しした。年配の方々ばっかりだったけど、それがちょっと救いだったし、気が紛れた。みんなよくなればいいな。

まあそんなこんなで。

網膜剥離で入院してました

右目の網膜剥離で1週間入院しておりました。

3月9日に家の近くの眼科で検診、去年左目をレーザー治療したけれど、今度は右目の網膜が薄い、もしくは剥がれているかもしれない、とのこと。地震後の3月25日に紹介された大きい病院に行き、右目をレーザー治療。後日、経過を診てもらって状況がよろしくなく、大学病院を紹介してもらってその翌日翌々日から入院して手術。

いまでも若干痛みは残っているものの、術後の症状は良好。視力を戻すため裸眼でいた方がいいけれど、風が強い日とか寝るときとかシャワーを浴びるときは眼帯をしてる。

手術の様子はちょっとつらいのでパス笑

いまだ顔は洗えず。髪は相方さんに相当協力してもらって、数日おきに簡易的に洗っている状態。半介護のようなものか。

3月9日は、実は眼科に行くことが目的ではなく耳鼻科に耳を診てもらいに行ったんだけど、ついでに寄った眼科が功を奏した。耳鼻科は耳がおかしかったんだけど、それはそれで地震に関係しているような気がして(実際、耳を診てもらっている最中に大きな地震が起きた。3月11日の前の地震)、それはまた落ち着いてから書く。

入院中の出来事をもう少し

MRI検査を受けた

ここ数日「めまい」がひどく、今日病院に行って来た。事前にネットでめまいについて調べ(日本めまい平衡医学会のサイトが詳しい)、症状に耳の異常がみられないので僕は神経内科に行ったけれど、人によっては耳鼻科などかもしれない。

で、坂本龍一氏似のお医者さんが言うには「一時的なものでしょう」ということで様子を見ることになったんだけど、まともなMRI検査を受けたので(僕の場合は脳)、「MRI検査って実際どのようなものなの?」という人のために、ちゃんと報告しておこうかなと思う。

続きを読む MRI検査を受けた