「レオ・レオニ 絵本のしごと」展を見た(2013年7月28日)

2013年7月28日、六本木から今度は渋谷に移動して、東急のBunkamuraザ・ミュージアムで開催されている「レオ・レオニ 絵本のしごと」展へ。この日3つ目の展覧会。

実は僕はレオ・レオニさんをまったく知らなくて、相方さんに「これ行きたい」といわれて初めて知った。絵本とか教材とかで小さいときに幼稚園とか小学校で習うらしい。僕はたまたま触れる機会がなかったのか、「スイミー」とかも知らなかった。

小さいときに知っていたらお気に入りだっただろうなあ。色の使い方とか絵の題材とか、僕の好きな範疇。グッズ売り場で、ポストカードを選べなくて、いろんな絵が入っているトランプを購入。なんだか最近はトランプ収集にも向かっている気がする。やばい。

続きを読む 「レオ・レオニ 絵本のしごと」展を見た(2013年7月28日)

「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」展に行ってきた(2013年7月28日)

20130728_manga_01

2013年7月28日、東京都現代美術館で開催されている「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」展に行ってきた。夏休みが始まって、もしかしたら混んでいるかなと朝イチで向かったけれど、開場前はそれほど並んでいなかった。おかげで少し余裕を持って展示を見ることができた。

手塚治虫さんは高校の大先輩なので、主にそちらを見るかなと思っていたけれど、展示を見ていて気づいたのはリアルタイムに見ていたものとしては石ノ森章太郎さんの方が多いんよね。仮面ライダーとかキカイダーとか、テレビ見てたよなあ。それに比べると、鉄腕アトムとかブラックジャックとかはリアルタイムでは見ていない。

いろいろ見て回って、やっぱりアトムはかっこいいよなあとか、ジャングル大帝は買って読もうとか思ったり。

会場には復元されたトキワ荘がどーんとあって、部屋もそれぞれ再現されていておもしろい。すごく狭い部屋なんだけど、あの空間ですごいエネルギーが発せられていたんだなあと。

続きを読む 「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」展に行ってきた(2013年7月28日)

国立西洋美術館の「ピカソが描いた動物たち」を見た

国立科学博物館の特別展「深海」を見た続きで、まだ早い時間だったので国立西洋美術館の「ピカソが描いた動物たち」を見てみた。たぶん国立西洋美術館に入ったのは初めて。

ピカソが依頼で「博物誌」といった図鑑?のようなものに挿絵として描いた動物画を集めたもの。ピカソもそういった動物の絵を描いているんねえ。おもしろかった。

常設展もついでに見るなど。

ピカソが描いた動物たち―ビュフォン『博物誌』にもとづく挿絵本より|開催中の展覧会|国立西洋美術館

「ファインバーグ・コレクション展 江戸絵画の奇跡」を見に行ってきた

20130630_edo_kaiga_00

2013年6月30日、江戸東京博物館まで「ファインバーグ・コレクション展 江戸絵画の奇跡」を見に行ってきた。確か2度目の江戸東京博物館。

絵に少しずつ興味を持ち始めて、琳派だの若冲だの、ものすごく断片的に、しかもうろ覚えかつ怪しげな知識しかない中で、それでも好きorそうでもないぐらいの判別はなんとなく持ち合わせている程度の興味だけど、結構楽しめた。「この絵、いいね」と思ったいくつかは、ちゃんと絵はがきも購入。

基本的には、「動物」「おもしろい」「かわいい」「ちまちました細かな絵」「大胆な絵」が僕は好きらしい。曾我蕭白の「大黒天の餅つき図」みたいなゆるくて平和でこちらが笑顔になる絵は特に好き。俵屋宗達「虎図」の「にゃー」と鳴きそうな虎もなんとも。

20130630_edo_kaiga_02

あと、とりあえず夏には福島までなんとか若冲を見に行きたい。

ファインバーグ・コレクション展 ―江戸絵画の奇跡―
開催中の特別展│展覧会情報│江戸東京博物館

2013年6月8日、世田谷美術館へ「暮らしと美術と髙島屋」展を見に行ってきた

20130615_takashimayaten

2013年6月8日、世田谷美術館へ展覧会「暮らしと美術と髙島屋」展を見に行ってきた。高島屋百貨店の、創業1831年からの「美術」に対する取り組みをまとめたもの。とてもおもしろかった。

普段行われているような美術作品の展示だけではなく、呉服などの「商品」そのものや、宣伝広報の「広告」、館内に掲げられたり壁に描かれる絵画などにも当然のように美術の要素が多く含まれていて、「文化」の発信に対する意識の高さをすごく感じたし、それが企業精神なのだろうな、と。

セールなどの催事のときに大々的に打たれる「広告」も多く展示されていて、時代を感じられる一方で、昔から地方の特産品展なんかはいまと同じように人気だったんだなあと思った。

僕らがいま目にするインターネット広告は役割が細分化されていることが結構あるけれど、文化の発信という側面が感じられる広告ってどれだけあるだろう。そういう意識で広告を出している企業ってどこだろう。そうあるべき、というわけではないけれど、「売上という数字の評価」はなんとかまだなんとかなる一方で、「文化の発信の評価」ってむずかしいよな、と思う。

白隠展に行ってきた(Bunkamuraザ・ミュージアム)

渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムまで、白隠展に行ってきた。禅宗のお坊さんによる絵(禅画)なんだけど、すっごくファンキーでとてもおもしろかった。

BS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」という番組をこのところよく見ていて、これが実におもしろい。各地の美術館や博物館、そこで行われている展示の紹介を、山田五郎の解説とおぎやはぎ、相沢さんが紹介していくという番組。山田五郎氏が博学すぎて毎回感心するんだけど、そこでこないだこの「白隠展」が紹介されていて、あまりにおもしろそうなので、即決で見に行くことに。

過去の仏教画に影響をほとんど受けることなく独学で絵をはじめたそうなんだけど、それゆえ絵や書の正統派?の縛りもなく、自由奔放にファンキーでロックに書いた絵や書がおもしろい。僕は、ポストカードでも買った半身達磨の「直指人心、見性成仏」の賛の絵が好きで(下の写真の右上)、ショップでこの絵の色紙を買おうか少し迷った。結局買わなかったんだけど、絵を飾れるような事務所に移ったら、また考えようかな。

「すたすた坊主」のクリアファイルやらワッペンやらも、うっかりショップで購入。

とりあえず、BS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」はおもしろい。
BS日テレ – 「ぶらぶら美術・博物館」番組サイト

現代版鳥獣戯画を見てきた

中目黒の郷さくら美術館東京まで「竹内浩一と絵の中の動物たち展」というのを見に行ってきた。現代版鳥獣戯画。フリーペーパーか何かで知って(メトロミニッツだったっけ?)、こないだ思い出して出かけてきた。

絵を見てほっこりするというかにこやかな笑顔になるというか、いい表情の動物たちの姿。高山寺の鳥獣戯画も大好きなんだけど、この方のも良かった。他の画家さんの動物の絵もいくつかあったり。

動物の油絵のポストカード

相方さんつながりで知り合った、油絵をやっていらっしゃるKyokoさんという方の、動物の絵のポストカード。かわいいんよ、絵が。とてもすてき。絵のタッチと、動物の描き方が好き。

土曜日に某カフェにて開催されてた「エランズマーケット」というところに、その絵を見に行ってきた(Kyokoさんにも会いに)。絵がかわいいのでポストカードも僕と相方さんで4枚購入。

Kyokoさんのブログはこちら。
Coromamaののんびり日記

絵の作品はこのカテゴリーから見るといいのかな。
Coromamaののんびり日記 作品

「カシャコ!の写真集とかを」とかリクエストをいただいちゃった。どうしようかねえ。ちょっと考えたこともあるんだけど、あと「カレンダーを作ろう」と思ったこともあったんだけど、それはすっかり忘れてた。自費で30部ぐらい簡単な写真集というか、アーカイブ的なものを作って手売りするか。買ってくれる人、いるかなー。

Kashaco! / カシャコ! | 動物園で撮った動物写真。毎日1枚、動物園。