ポール・マッカートニーのソロ時代の個人的なベスト40曲を挙げてみた

ポール・マッカートニーのソロ時代の個人的なベストを40曲挙げてみた。

2週間ほど前にRolling Stoneのサイトであるライターがそのようなテーマで記事を挙げていて、ああそんな雑なテーマでも著名メディアの記事になったりするんだ、じゃあ僕もやるよ、と。Rolling Stoneのその記事も、ライターの個人的趣味の選曲だったし。

Paul McCartney’s 40 Greatest Solo Songs | Rolling Stone

その記事では曲ごとにYouTubeの紹介があって、公式アカウントや信頼あるアカウント以外の個人がアップしている動画も多く埋め込まれていて、正直ちょっとうーんと思ったりするんだけれど、ここではできるだけオフィシャルなものを選んでみることにする(いくつかはどうしても個人がアップしたものになるけれど、許して)。

たぶん数か月後に見直すと曲は変わるんだろうけれど、20位ぐらいからは結構マジな曲のリスト。

続きを読む ポール・マッカートニーのソロ時代の個人的なベスト40曲を挙げてみた

2017年4月29日、東京ドームまでポール・マッカートニーのライブを見に行ってきた

2017年4月29日、東京ドームまでポール・マッカートニーのライブを見に行ってきた。通算4回目のポール・マッカートニーのライブ。

なんだか妙に「今日も本当にちゃんとライブをしてくれるのか」という心配をポールが会場入りするまでしていたんだけれど、ライブ中は思いのほか落ち着いて楽しめたし、思いのほか泣かなかった。完成されたショーだった。

続きを読む 2017年4月29日、東京ドームまでポール・マッカートニーのライブを見に行ってきた

ポール・マッカートニー『Flowers In The Dirt (Deluxe Edition)』が届いたので、聴いた

昨日(2017年3月25日)、ポール・マッカートニーの『Flowers In The Dirt (Deluxe Edition)』の箱が届いたので、今日ゆっくりと聴いている。普段音楽はヘッドフォンで聴いているけれど、今日はコンポで、少し大きめのボリュームで。

3枚のCDと1枚のDVD、さらにダウンロードしなければいけない十数曲。パッケージとして言いたいことはまああるけれど、それはそれ、作品は作品。

まあ、『Flowers In The Dirt』は懐かしいよね。「My Brave Face」が今回はすごく奥行きがあるように聞こえる。

続きを読む ポール・マッカートニー『Flowers In The Dirt (Deluxe Edition)』が届いたので、聴いた

ポール・マッカートニーが妻ナンシーと踊った日比谷公会堂アーカイブ・カフェで、僕らは彼らと同じ蓄音機の音を聴いた

僕がポール・マッカートニーの存在を一番身近に感じたときのことを書く。2015年10月17日土曜日、日比谷公会堂の1階にあった「日比谷公会堂アーカイブ・カフェ」で、その年4月の日本公演のために東京に滞在していたポール・マッカートニーの息づかいを勝手に感じた話。

その日、僕らは日比谷公園に来ていた。ガーデニングショーに知人が作品を出していて、それを見に来ていたのだ。ひととおり見終わって、ちょっと休憩したいねとぶらぶらしていると、目の前に日比谷公会堂の立派な姿が見えてきた。日比谷公会堂を見たのはたぶん初めてで、かっこいい建物やねとiPhoneで写真を撮っていると、相方さんが「カフェがあるよ」と言う。じゃあせっかくなので、そこでお茶でもしようということに。

続きを読む ポール・マッカートニーが妻ナンシーと踊った日比谷公会堂アーカイブ・カフェで、僕らは彼らと同じ蓄音機の音を聴いた

ポール・マッカートニー『Flowers in the Dirt』リマスター内容への違和感

ポール・マッカートニーのCD『Flowers in the Dirt』の今回のリマスター再発内容にすごく違和感があって、いま気になって調べたら、世界的に一部のファンもそう思っているみたい。change.orgに懇願が出ている。

違和感を要約すると、『シングルB面曲やリミックス、別バージョン曲は、一番高額の豪華パッケージを購入しないと入手できず、しかもそれはダウンロードでしか提供されない』、たぶんこれに尽きる。

続きを読む ポール・マッカートニー『Flowers in the Dirt』リマスター内容への違和感

ポール・マッカートニーのベスト盤『Pure McCartney』にはコステロ共作曲が未収録

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)の各ソーシャルメディアアカウントが謎の音源コラージュを公開した後に、2016年6月10日の発売が発表されたベスト盤『Pure McCartney』。グローバルで発売された前回のベスト盤が1987年発表の『All The Best!』なので、実に29年ぶり。えっと、そんなに経つんですか……。

複数のフォーマットがある中で、一番収録曲が多いのが4枚組CDの67曲。ひととおり聴くと、たぶん4~5時間かかるんだろうな。「ポールのソロ曲で4枚組のベスト盤を編集しなさい」と言われると100人が100通りのベスト盤を作るはずで、もはや万人が納得するようなものはむずかしいだろうなーという中、まずは「いい内容のベスト盤ですよね」と言っておく。きっと楽しいはず。

追記。個人的に好きなソロ時代の曲を40曲挙げてみた。
ポール・マッカートニーのソロ時代の個人的なベスト40曲を挙げてみた

続きを読む ポール・マッカートニーのベスト盤『Pure McCartney』にはコステロ共作曲が未収録

ポール・マッカートニー2015年日本公演セットリスト追加曲予想

20150413_paul

2015年4月21日から、大阪公演を皮切りに、ポール・マッカートニーの2015年の日本公演が始まる(今回は無事に健康に来日してくれますように)。僕が行くのは4月27日。キャンセルとなった去年の国立競技場の「アリーナ前から10列目」ほどの席じゃないけれど、もはや無事に見ることができればいいや状態。

で、今回の来日公演でのセットリストについて。

続きを読む ポール・マッカートニー2015年日本公演セットリスト追加曲予想

Rihanna, Kanye West and Paul McCartney – FourFiveSeconds のプロモーションビデオのポールがかっこいい

Rihanna, Kanye West & Paul McCartneyの「FourFiveSeconds」の公式プロモビデオ。ポール・マッカートニーがギターでフィーチャー。

ポール御大がこんなトーンと演出で撮られたことがあんまりないように思う。彼自身の曲だと大抵は歌う前提での撮影なので、ポールが黙々とギターを弾いている姿は、新鮮というか、渋いレベルでかっこいい。「こんな人だったっけ?」と、背中がぞぞっとする。

Rihanna And Kanye West And Paul McCartney – FourFiveSeconds – YouTube