春夏冬中(あきないちゅう)

「春夏冬中」。「あきないちゅう」と読むということを初めて知った(「商い中」のもじり)。これは自転車屋さんの店先にかかっていた札。

日曜日に相方さんと自転車で散歩しようと準備をしていたら、僕の自転車がパンクしていて、家の近くの「街の自転車屋さん」っぽいところで修理してもらった。自転車のタイヤは疲労によるパンクみたいで、9年近く乗っていたのでこれはもう仕方がない。

続きを読む 春夏冬中(あきないちゅう)

つじあやの / つじベスト

盛り上がるべき時にはファンは盛り上がらないといけません。相方さんがつじあやののベスト盤『つじベスト』を買ってきてくれました。このCDの目玉は、映画「笑う大天使(ミカエル)」の主題歌「そばにいるから」と「CMソングメドレー」です。

東京に来てから、日常的にFMを聴くということができなくなったので、ウクレレの弾き語りではない、ちゃんとアレンジされた「そばにいるから」を聴くのは初めてになります。いつもの根岸孝旨と山本拓夫によるアレンジ。でも、まだなんだか耳に馴染めません。「こないだ2回ほど挨拶しただけの親戚の女の子が、今度はちゃんと着飾ってきてテーブルに向かい合わせに座ったもんだから、こっちはなんだかよくわからずどぎまぎしてしまう」ような感じです。「I Love You, I Need You」という、つじあやのの曲では滅多にお目にかかれないフレーズのさり気ない差し込み方は、草野正宗手法でしょうか。

結局最後まで詳細がわからなかった「CMソングメドレー」は、いろいろと詰め込まれていました。「とんがらし麺」、「フジッコおかず畑」、『チーム・マイナス6%』のキャンペーンソング「28℃のうた」、ほか諸々。「とんがらし麺」の歌詞にはツッコミを入れたくなります(犬に噛まれて気持ちいいってなんやねん)。あと、僕の思い違いかもしれませんが、「フジッコおかず畑」にはもう1曲違う曲があったように思うのですが、どうでしょうか。

泣かせたのが、封をしてあったビニールに貼られていたシール。いつもこの類のシールは(誰のCDであっても)きれいに剥がしてプラケースに貼っているのですが、このシールに猫が! しかも初回限定うららかパッケージとやらでプラケースではない! このシールを含めてアートワークだと思うので、保存に悩みます。あと、いつもながらこの奇妙な2枚組のデジパックの仕様は、収納にも困ります。

とまれ、素敵なベスト盤です。ビクターに感謝。律儀に「豆子クラブ」のみなさんにThanks toを贈るあやの嬢にも感謝。

あと、はやくオフィシャルサイトの手入れを誰かしてやってください(やってあげますよ)。『CALENDAR CALENDAR』のままです。

アフォーダンスとユーザビリティ

「アフォーダンス」という言葉を、目にしたことはあっても、実際に口にしたり記したりしたことがない。なので、「アフォーダンスが高い」という言い方が正しくないのかもしれないけれど、ここでは「扱い方を知らなくても、それを見ただけでその物体の扱い方がすぐにとても良くわかる」という意味で使うことにする。

続きを読む アフォーダンスとユーザビリティ

大阪上町春めぐり@大阪城野外音楽堂(2006年5月)

つじあやの嬢やスターダスト・レビュー、Baby Booらが出演する「大阪上町春めぐり」というFM大阪のイベントを見に、相方さんと大阪城野外音楽堂に行ってきた。前売りなんと1,000円。

続きを読む 大阪上町春めぐり@大阪城野外音楽堂(2006年5月)

「桜休暇」というのが日本にあればいいなと思う

「桜休暇」というのが日本にあればいいなと思う。cherry blossom holidays。僕らは桜に誘われて、近くの鶴見緑地公園まで自転車をこいで行ってみた。

それほど有名な桜の名所ではないということと、まだ朝早くということもあって、人はそれほどでもなかった。でも、これだけの桜をひとりじめ?みたいな状態になったりで、ものすごくリラックス。リラーックス!

鶴見緑地の桜

続きを読む 「桜休暇」というのが日本にあればいいなと思う

3/25、「ダイビル」に行って来た

ダイビル

2006/3/25、「ダイビル」に行ってきた。何度か前を通りかかったことはあったけれど、実際に中に入ったのはこれが初めて。1Fにある喫茶店「大大阪」に相方さんと行ったついでに、中をウロウロしてきた。とても重厚な作りの建物。実際に普通に会社とかに使用されているけれど、すべてがレトロな感じ。外装は撮らなかったけれど、外装も丁寧で重厚な彫像や彫刻が施されている。

続きを読む 3/25、「ダイビル」に行って来た

MRI検査を受けた

ここ数日「めまい」がひどく、今日病院に行って来た。事前にネットでめまいについて調べ(日本めまい平衡医学会のサイトが詳しい)、症状に耳の異常がみられないので僕は神経内科に行ったけれど、人によっては耳鼻科などかもしれない。

で、坂本龍一氏似のお医者さんが言うには「一時的なものでしょう」ということで様子を見ることになったんだけど、まともなMRI検査を受けたので(僕の場合は脳)、「MRI検査って実際どのようなものなの?」という人のために、ちゃんと報告しておこうかなと思う。

続きを読む MRI検査を受けた