ポール・マッカートニーがまだライブで演奏していないビートルズ・ソングあれこれ

ポール・マッカートニーは1989年にソロでのライブ・ツアーを開始してから、かなりのビートルズの曲をライブで演奏するようになった。ウイングス時代はまだ「セットリストの一部でビートルズの曲を披露する」程度だったけれど、ソロになってからのツアーでは「半分以上がビートルズ・ソング」という状態にまでなった。

2002年からほぼ毎年のようにツアーに出て、ツアーごとにセットリストを変えているので、当然ながら「ライブで初披露するビートルズ・ソング」も順当に増えていったんだけれど、まだ演奏されていない曲ももちろんある。「ポールの好きな曲のはずなのに、なぜか演奏されていない曲」もある。

ここでは、その「ポール・マッカートニーがまだライブで演奏していないビートルズ・ソング」の主要なものを挙げてみることにする。

続きを読む ポール・マッカートニーがまだライブで演奏していないビートルズ・ソングあれこれ

2018年10月31日、東京ドームまでポール・マッカートニーのライブを見に行ってきた

2018年10月31日、東京ドームまでポール・マッカートニーのライブを見に行ってきた。通算5回目のポール・マッカートニーのライブ。「Freshen Up Tour」の日本公演。

チケットの座席がアリーナだったので、ドキドキしつつ、でも過去に「アリーナだったけれどライブがキャンセルになった(国立競技場)」ことがあったので、「いやいや実際に目の前でポールがステージに立つまでがライブ」と願う気持ちで迎える。

続きを読む 2018年10月31日、東京ドームまでポール・マッカートニーのライブを見に行ってきた

ポール・マッカートニーのFreshen Up Tourのキービジュアルは、東京ドームでのライブ写真なのよね

ポール・マッカートニーの2018年から始まるツアー「Freshen Up Tour」のグローバルのキービジュアルって、日本公演(東京ドーム)でのライブの写真なのよね。

ニューアルバム『Egypt Station』に合わせた新しいツアー日程が公開されたときに「ん?」と思った。写真を拡大表示させてよく見ると、観客の顔はアジア人というか日本人っぽいし、で右上の方を見たらスタンドの看板広告に日本語の文字が見える。まあ、東京ドームでしょうね。いつのかなあ、古い写真を使わないと思うので、2017年のかなあ。

グローバルで使うキービジュアルに、日本公演のものが使用されたのはうれしい。

東京ドームでのライブ、楽しみ。座席がそこそこ良さそうなので、あとはポールがちゃんと日本に来てステージに立ってくれることを祈るのみ。2014年の国立競技場でのライブはアリーナの前から10番目だったにもかかわらず、幻となったので、ステージに立って歌ってくれるまでがライブ。

Tours | PaulMcCartney.com

ポール・マッカートニーのLive from NYCのYouTube生中継を見た

日本時間の2018年9月8日の朝9時(現地時間だと9月7日)、ポール・マッカートニーのLive from NYCのYouTube生中継を見た。ニューアルバム『Egypt Station』のプロモーションで、ニューヨークのグランド・セントラル駅でのライブを全世界生中継。

通常のライブの短縮版とはいえ、約2時間のライブ。グレイト。とてもよかった。

続きを読む ポール・マッカートニーのLive from NYCのYouTube生中継を見た

エディ・リーダーのライブに行ってきた(2016年7月6日ビルボードライブ東京)

2016年7月6日、エディ・リーダーのライブに行ってきた。場所は久しぶりのビルボードライブ東京、僕らが見たのは7月6日の1stステージ。2014年のライブから2年ぶり。

続きを読む エディ・リーダーのライブに行ってきた(2016年7月6日ビルボードライブ東京)

エディ・リーダーのライブに行ってきた(2014年7月1日渋谷クラブクアトロ)

20140701_eddireader_01

2014年7月1日、渋谷クラブクアトロまで、エディ・リーダー(Eddi Reader)のライブに行ってきた。

去年の来日は3月の月末で、会社の年度末ど真ん中な日程で行けなかったので、かなり久しぶりのエディのライブ。Fairground Attractionの来日が当時の名古屋クラブクアトロのこけら落とし公演?だった縁で、その25周年とか、そういうきっかけがあったらしい。なので、全公演クラブクアトロのため、ファンの年齢層がかなり高めにもかかわらず、スタンディング。

ライブはすてきだった。バンドメンバーに今回は残念ながらブー・ヒュワディーンはいなかったけれど、安定したいつものメンバーのような面子。ほっとけばスコットランドのパブバンド風の演奏を延々続けてくれそうなところを、そういう一面はもちろん見せつつ、フェアグラウンド・アトラクションのサーカス・ミュージックな感じもあり、エディのソロ初期のシンガーソングライター然とした頃の感じもあり、安心して見ていられる。すごく楽しい。

続きを読む エディ・リーダーのライブに行ってきた(2014年7月1日渋谷クラブクアトロ)