サイゼリヤがメニューでカスタマイズをオススメしてくる「カチョエペペ」を試してみたよ

サイゼリヤのメニューブックで、スパゲッティ「アーリオ・オーリオ」のところでアレンジメニューの一つとして紹介されている「カチョエペペ」。こないだ初めてサイゼリヤで試してみた。

結構「おおっ!」というぐらいおいしかったので、改めて紹介してみる。

続きを読む サイゼリヤがメニューでカスタマイズをオススメしてくる「カチョエペペ」を試してみたよ

三井記念美術館で特別展「日本の素朴絵」を見た(2019年8月)

2019年8月11日、三井記念美術館で特別展「日本の素朴絵 – ゆるい、かわいい、たのしい美術」を見た。

日本の素朴絵は楽しい気分になる。いわゆるヘタウマなもの、ユルいもの、素朴な絵。

三井記念美術館は、去年の仏像展でも踊る仏像とか「仏像の顔や表現や姿」でキュレーションしてて(特別展「仏像の姿」~微笑む・飾る・踊る~)、今回もそれと似たニュアンスのキュレーションでいいよね。好きだ。

特別展「日本の素朴絵―ゆるい、かわいい、たのしい美術―」|NHKプロモーション

日本橋高島屋で山口蓬春展を見た

2019年8月11日、日本橋高島屋まで、山口蓬春展を見に行ってきた。

山口蓬春は初めて見たし初めて知った。とても良かった。日本の絵なんだけどモダン。西洋画からスタートしながら日本画に転向し(やまと絵というカテゴリーがあるそう)、その後モダンな方向に進み、最終的には和洋が融和した世界にたどり着くという、絵の変化もとても広い。

見に行って良かった。

CDを1枚も持ってなくて申し訳ない気もするけど、Pentatonixの結構なファンだ(The Sound of Silenceのカバーが素晴らしい)

サブスク&YouTube時代だとCDやら音源を一切所有していなくてもファンになれる時代で、実はPentatonixの結構なファンだ。何一つ所有していなくて申し訳ない気もするけれど、

Pentatonix。多様性の塊のようなアカペラグループ。男女、白人とラティーナと黒人といった従来のくくりのものだけじゃなく、LGTB+が2名(ところで彼らがカバーした「Imagine」、多様性という意味でも後半の映像構成が説得力ありすぎる)。

リードボーカルを取るのは音域の広いScottが一番多い印象だけれど、紅一点Kirstinの華もいいし、Mitchのソプラノがすべてをかっさらっていくこともある。この3人とも声の個性が違う。ヒューマンビートボックスはKevinだけれど、彼も曲によってはコーラスに回り、そしてなぜかチェロの名手だ。

で、今年発表した曲の一つがSimon & Garfunkelの「The Sound of Silence」で、腰を抜かしかけた。僕がPaul Simonファンなので。

続きを読む CDを1枚も持ってなくて申し訳ない気もするけど、Pentatonixの結構なファンだ(The Sound of Silenceのカバーが素晴らしい)

映えないけどジワジワおいしい、サイゼリヤの「レンズ豆とスペルト小麦のミネストローネ」

サイゼリヤの期間限定のスープ「レンズ豆とスペルト小麦のミネストローネ」。これがジワジワ大人な味わいでおいしくて、かなり好きだ。2019年7月に登場して2か月足らずのうちに、もう4回ほどいただいた。

なんというか、味わい深いのだ(スペルト小麦って初めて聞いた)。

続きを読む 映えないけどジワジワおいしい、サイゼリヤの「レンズ豆とスペルト小麦のミネストローネ」

スティックシュガーは真ん中から半分に折るようにしている

コーヒーに砂糖を入れることはあんまりないんだけど、入れるときは、スティックシュガーなら真ん中で半分に折るようにしてる。

紙ゴミを「ひとかたまり」で済ますことができる。店員さんも片付けやすい。

スティックシュガーの端の1センチぐらいをピッとちぎり取ると、店員さんが下げるときに風で飛びやすいし、床に落ちると拾いにくいしね。落ちたのに気がつかなければ床に小さなゴミが散ったままになってしまう。

続きを読む スティックシュガーは真ん中から半分に折るようにしている

君もサイゼリヤ「プチフォッカ詰めもの部」に入らないか?

サイゼリヤ好きの人たちの間で「プチフォッカ詰めもの部」というグループがある。いや、いま勝手に名付けたからそんなものはないんだけど、そういう「流派」はある。

今年の4月に、サイゼリヤ非公式さん(@muritotoi)主催のサイゼリヤ好きのオフ会があって、そこで優ちゃん(@yu_0609cat)に、この「プチフォッカに詰めるやつ」のおいしさを教わった。エスカルゴで。

こちらはおなじみ「エスカルゴのオーブン焼き」。

そしてこれがそのときの「エスカルゴのプチフォッカ詰め」。ソースがじゅわっとフォッカチオにしみて、ほんとおいしかったのだ。

「エスカルゴを食べ終わった後のソースにフォッカチオをつけて食す」というのは比較的よく知られた食べ方だけど、「フォッカチオに詰める」というのは知らなかった。

続きを読む 君もサイゼリヤ「プチフォッカ詰めもの部」に入らないか?

なぜサイゼリヤのプロシュートにフォッカチオが付いているか、君は知ってるかい?

なぜサイゼリヤのプロシュート(パルマ産熟成生ハム)に、小さなフォッカチオ「プチフォッカ」が付いているか、君は知ってるかい?

1皿にプロシュート2枚に対して、プチフォッカは2個付いてくるんだ。ちょっとわかってきただろ?

つまり、こういうことだ。プロシュートでプチフォッカを巻くんだ。

プチフォッカの熱でプロシュートの脂が少し溶けて、まったりとしたおいしさになる。生ハムで巻いたフォッカチオだ。

続きを読む なぜサイゼリヤのプロシュートにフォッカチオが付いているか、君は知ってるかい?