上野動物園のハシビロコウTシャツ、再び

年間パスポートを持っているので、近くに立ち寄ったときにフラッと上野動物園に行くことがあるんだけれど、2018年6月に立ち寄ったら新しいハシビロコウのTシャツが売っていたので、案の定購入してしまう。

これ、2年前に売っていたハシビロコウTシャツの柄ととてもよく似ていて、今年のものは顔を斜めから見たバージョン。顔もシュッとなってる。これは控えめに言って非常にかっこいい。

続きを読む 上野動物園のハシビロコウTシャツ、再び

2018年6月15日「ミラクル エッシャー展」を見に行く

2018年6月15日の夜、上野の森美術館まで「ミラクル エッシャー展」に見に行ってきた。良かった。楽しかった。なかなかいい構成。

チケット売り場横の看板に、さりげなく鏡の球が。

噂じゃまたなかなかの混雑で、行列もものすごいと聞いてたので、営業時間が延長される金曜日17時に行く。比較的すいてた。これ土日だと倍ぐらい時間がかかるだろうなー。特に別会場で体験型の映像コンテンツがあって、あれは個別に映像を撮影するという物理的に時間がかかるコンテンツなので、並ぶだろうな。

毎週金曜日と土曜日は夜20時まで開館(入場は夜19時30分まで)。とはいえ週末の土曜日は混雑していると思うので、一番すいているだろう時間帯はやっぱり金曜日の夜かなあ。

ミラクル エッシャー展 公式ホームページ

2018年3月31日、井の頭自然文化園ではな子さんの放飼場が一般開放されていたので行ってきた(「はな子とサクラ。」)

2018年3月31日、井の頭自然文化園。アジアゾウのはな子さんの放飼場が一般開放されているので、行ってきた。

続きを読む 2018年3月31日、井の頭自然文化園ではな子さんの放飼場が一般開放されていたので行ってきた(「はな子とサクラ。」)

丸ノ内にある三沢厚彦さんの彫刻作品

2018年3月24日、皇居東御苑で桜の花見をした後、近くにあるから見に行こうということで、丸ノ内の路上に置かれているという三沢厚彦さんの彫刻作品を探しに行く。

どこにあるかをよく知らなくて、調べていると、「丸ノ内仲通り」が「丸ノ内ストリートアートギャラリー」としていろんな作家さんの彫刻作品が路上に展示されているらしい。

続きを読む 丸ノ内にある三沢厚彦さんの彫刻作品

爪ヤスリを買ったけれど、なんで長年買わなかったんだろうというぐらい気に入っている

1月か2月ぐらいに、爪ヤスリを買った。で、これがここ最近買ったものの中ではかなり気に入っている。なんで長年これを買っていなかったんだというぐらい、気に入っている。

続きを読む 爪ヤスリを買ったけれど、なんで長年買わなかったんだろうというぐらい気に入っている

2018年3月31日、フリージアの花が咲いた

2018年3月31日、今年もフリージアの花が咲いた。土曜日に咲いてくれたので、ちゃんと見られてうれしい。

去年は3月25日なので、まあだいたい同じぐらいの時期。毎年しっかり咲いてくれてありがとう。

これは翌日4月1日に撮った写真。2日目になると咲く花が増えてきれい。

JRの車窓から見える外堀通りの満開の桜がすてき(市ヶ谷~飯田橋)

2018年3月28日。仕事で秋葉原から新宿に向かってJR中央・総武線に乗っていたとき、飯田橋を過ぎて右手の外堀に「わわわー」満開の桜が見えてきた。わーすごいなーと眺めていたら、ずーっとそのまま次の市ヶ谷に到着するまで桜が続いていた。

あまりにすてきだったのでその電車を降りて、もう一度見ようとホームの反対側に来る電車に乗って、飯田橋までまたその桜を楽しんでみた。そのときiPhoneで撮った動画がこれ。

続きを読む JRの車窓から見える外堀通りの満開の桜がすてき(市ヶ谷~飯田橋)

両/片

「両輪」という表現にネガティブで差別的な意味合いは持っていないと思うけれど、「両」を「片」にすると扱いに注意しなければいけない。もどかしいというか不思議というか、日本語はむずかしい。

大辞林によれば、「片輪」の意味は「車の片方の輪」ということになっている。一方で、Wikipediaから引用すると「日本で古くから使用されている言葉で、身体に一部に欠損があることや、その欠損を持つ人を意味する。身体障害者」とある。

純粋に「車輪の片側」という意味で言葉を選びたいとき、別の表現を探すことになる。

さて。

「両腕」に対しての「片腕」にはネガティブな意味合いはたぶん持っていないと思うけど、逆にポジティブな意味を持ってたりする。大辞林によれば、2番目の意味として「最も有能で信頼できる補佐役」を挙げている。

「片腕」は、すごいのだ。

日本語はむずかしい。