なぜサイゼリヤのプロシュートにフォッカチオが付いているか、君は知ってるかい?

2019年7月29日

なぜサイゼリヤのプロシュート(パルマ産熟成生ハム)に、小さなフォッカチオ「プチフォッカ」が付いているか、君は知ってるかい?

1皿にプロシュート2枚に対して、プチフォッカは2個付いてくるんだ。ちょっとわかってきただろ?

つまり、こういうことだ。プロシュートでプチフォッカを巻くんだ。

プチフォッカの熱でプロシュートの脂が少し溶けて、まったりとしたおいしさになる。生ハムで巻いたフォッカチオだ。

プチフォッカをプロシュートで巻いて、お皿に少しだけ置いておくと、勝手に脂が溶けてくれる。

寿司、ではない。「プチフォッカのプロシュート巻き」だ。プロシュートが少し汗をかき始めて脂がキラキラしてきたら、食べ頃だ。

プロシュートはそのまま食べてもおいしいけど、これを知ったらしばらくこの食べ方しかしなくなるよ、ホントに。

1皿399円だ。さあ、サイゼリヤに行くが良い。

サイゼリヤはちゃんとおいしい。

マキタニ・サイゼさんのTwitterはこちらだ。

[Ad]

プロフィール

マキタニです。動物園と美術館を最近は好みます。
» マキタニのプロフィール

Twitter Instagram RSS Feed

[Ad]