そばはもちろん、「お稲荷さん」もおいしい、新宿「手打そば 大庵」 – 僕の好きな東京

先日、お気に入りのそば屋さんに行って、「お稲荷さん」がとてもおいしかった話。僕の好きな東京、新宿東口にある「手打そば 大庵」。

この2週間ほど胃の調子が良くなく、あまり重いものを食べたくないなと思いつつの毎日のランチ。「そうだ、そばを食べよう」と、2か月ぐらい前からときどき通い始めた「大庵」へ。

ずっとお気に入りにしていたそば屋さんが突然閉店してしまい、新宿に他にいいそば屋さんがないかと探してここに行ってみたら、とてもそばがおいしく、それからはお気に入りのお店の一つ。まだ数回しか行っていないけれど。

続きを読む そばはもちろん、「お稲荷さん」もおいしい、新宿「手打そば 大庵」 – 僕の好きな東京

おいしさと適度なにぎやかさ、新宿三丁目の「イル・バーカロ」 – 僕の好きな東京

新宿三丁目のヴェネチア料理店「イル・バーカロ」

僕の好きな東京。新宿三丁目にあるヴェネチア料理店「イル・バーカロ」。ランチはだいたい週1回お世話になっているし、夜も年に数回お世話になっている。記念日的な日に利用したこともあるし、会社設立のときに友だちがお祝いしてくれたのもこのお店。外さないし間違いないので、安心して行ける。

おいしいし、適度なにぎやかさが心地いい。

続きを読む おいしさと適度なにぎやかさ、新宿三丁目の「イル・バーカロ」 – 僕の好きな東京

福井県谷口屋のすばらしい油あげの揚げたてを食べてきた

201403_yoshidaya01

福井県に谷口屋という「竹田の油あげ」がとても有名なお店があって、それが3日間だけ東京でもいただけるということで、食べに行ってきた。すばらしい油あげ。あんなにおいしい油揚げを初めて食べた。

201403_yoshidaya02

銀座にあるAKOMEYA TOKYOで、3日間だけ谷口屋の油あげの店頭販売イベントをするとのことで、初日の21日の朝イチにお店に並ぶ。ちょうど前日の渋谷の首都高速道路の火事で食材の輸送が遅れたらしく、21日の販売は一定数以降はお渡し時間が遅れる可能性があるとのことで、朝イチに行っていてよかった。

とにかく、おいしかったのだ。あんなにおいしい油揚げは食べたことがない。油揚げというより、外側をかりっと揚げた豆腐。揚げたてですよ、揚げたて。縦横20センチ四方で、厚さは5センチないぐらいかな。大きい。

大根おろしとネギと甘めのタレを掛けて半分以上をいただいた後に、続けて塩で食べたらそれもものすごくおいしくてびっくりした。これまで油揚げを塩で食べたことがなかったのと、香ばしい香りが引き立って、これなら半分そのまま塩で食べておけばと、少しだけ後悔。でもしあわせ。

食べ終わった後に、谷口屋さんの人が声を掛けていただいて、「いや、ほんとおいしかったです!」と精一杯伝えてみた。

おいしくてしあわせ。最高。この油揚げだけでお昼ごはんとしてお腹いっぱい。

福井県・谷口屋の「竹田の油揚げ」直営ネットショップ
AKOMEYA TOKYO : アコメヤ トウキョウ

新宿三丁目のヴェネチア料理店「イル・バーカロ」に僕が通う理由

20130530_134148

新宿三丁目のヴェネチア料理(あるいはイタリア料理)のお店「イル・バーカロ」に僕が通う理由。

おいしいから。あと、適度なにぎやかさが心地いいから。

お店は新宿三丁目交差点にある伊勢丹の向かいの京王フレンテ新宿3丁目のビルの地下2階。場所はいいんだけど、地下2階の少し奥まったとこにある。「イタリア料理」じゃなく「ヴェネチア料理」と謳うところがこだわりなのかな?

続きを読む 新宿三丁目のヴェネチア料理店「イル・バーカロ」に僕が通う理由

野菜野菜野菜

大阪にいたときの同い年の友人の坂野さんが、法人設立のお祝いに野菜をいっぱい送ってきてくれた。すごく大きなタマネギ、ジャガイモ、長い長いオクラ、などなど。

その夜に、いただいた野菜を使ってごはん。長い長いオクラを6本ほど使ってワカメとカニかまと合わせたもの、ジャガイモは粉チーズと一緒に炒め、タマネギはブロックベーコンと一緒にスープに。

おいしかった。ごちそうさま。ありがとう。

坂野さんはフリーのデザイナーで、僕が去年やっていたアクセス解析勉強会「かいべん」のロゴとヤギの「八木さん」のキャラクターを作ってくれた人だ。彼女のブログ「とにかく生きててよかったよ」は最近ずっと手書きのイラストの絵日記になっておもしろい。

6月25日、また餃子を作る

6月25日、餃子を作る。6月12日にも同じようにして焼いて食べているので、なんや2週間でまた餃子ですかという感じ。

ちなみに、フライパン上で円状にして並べて焼くと、皿に盛りつけたときにきれい。フライパンの一回り小さな皿をパカッて蓋するように乗せてひっくり返すといいよ。

カポナータの作り方

カポナータを作った。今日は僕も相方さんもなんだかぐったりしていたけど、相方さんが食材を昨日いっぱい買っていたので、で普段買わないようなズッキーニもあるので、じゃあカポナータ、ということで。

かなり大きめのズッキーニ1本、なす2本、トマト3個、新タマネギ1個、ピーマン1個、ニンジン1本。ちょっと食材として多い。ニンジンは僕なら入れないんだけど(イタリア料理にあんまりニンジンを使わないような気がする)、相方さんが入れようというから入れた。

食材ごとに別々にオリーブオイルで炒めて、ボウルで余熱で火が入るようにして、それからざっくり混ぜる。一回冷やした方が味が落ち着いてなじむけれど、できあがりもまあおいしい。まあこれが僕の作り方。

結構大量のカポナータができあがる。明日も食べよう。

で。

僕の作り方は、12~13年前ぐらいに本で覚えた作り方だけど、はたしてあってるのかなと思っていま調べてみた。そしたら「炒め煮」みたいな感じで、ホールトマトで少し煮込んだりする作り方もあるらしい。むしろその作り方の紹介が多いような感じ。Wikipediaに最初に載っている「シチリアのカポナータ」はちょっと違ってて、それは初めて聞いたし、日本ではメジャーな作り方じゃないような…。わかんないけど。

僕がカポナータをどの本で知ったのかなと思って、いま本棚で本を引っ張り出してみたけど、結局どの本で覚えたかがわからない。たぶん10数年前の22歳ぐらいに買った、Barilla社(バリラ社。イタリアの有名なパスタメーカー)とのタイアップのレシピ本だと思う。Barilla社は10数年たったいま、結局日本ではあんまり大きく展開できてないけれど。

代わりに、同じく22歳ぐらいに買った、落合務さんの『イタリア料理100のおいしいキーワード』という本を開いてみたけど、これでもホールトマトで煮ている。ふーんそうなのか。この本で覚えたような気がしたけど。

この本、当時よく読んだ。まだ落合務氏がグラナータの料理長だった頃の本。


イタリア料理 100のおいしいキーワード
落合 務 (著)
アマゾンで詳しく見る

まあ、今日作ったカポナータもおいしかったし、これからも僕の作るカポナータはいままでどおりの作り方だと思う。

ちなみに、全部一緒に炒めるのではなく食材ごとに炒めるのは、食材ごとに火の通る速さが違っているから。食材の歯ごたえを少し残すために、別々に炒めてコントロールしている。味は塩こしょうのみだけど、今日はハーブソルトも使ってみた。

ミニフライパンでオムレツを焼く

相方さんがちょっと前?のハンズメッセでミニ・フライパンを買ってきて、これがオムレツ作りに重宝する。たぶん目玉焼き用の大きさのフライパン。

オムレツって言っても、僕が作るのは普通のオムレツじゃなくって、作り方はスペイン風のやつ。卵液を流し入れ、ふたをして弱火で固めるもの。普通のスペイン風オムレツのように、ジャガイモとかはめんどくさくて入れないけど。だいたい作るのはこんな感じ。チーズオムレツ。

これがふくらむんだな、すごく。

すごくふくらむよ! しかもすっごくふわっふわでおいしい。たぶん目玉焼きサイズのフライパンだから厚めに焼けてふわっふわなんだと思う。最近日曜日の朝はよくこれを作ってる。

作り方(2人前)

  1. 卵2個、牛乳30cc、粉チーズ大さじ1、塩こしょう適量、バジル適量 で卵液を作り、しっかり混ぜておく
  2. スライスチーズ2枚ぐらいを準備。まあチーズならなんでも
  3. ソーセージを2本小さく切り、フライパンに油をひいて焼く
  4. ソーセージに軽く焼き目がついたら、卵液を全部フライパンに流し入れる
  5. スライスチーズを適当にちぎって卵液の上に乗せる
  6. ふたを閉め弱火にし、様子を見ながら約10分焼く

ぜひ。