三井記念美術館で特別展「日本の素朴絵」を見た(2019年8月)

2019年8月11日、三井記念美術館で特別展「日本の素朴絵 – ゆるい、かわいい、たのしい美術」を見た。

日本の素朴絵は楽しい気分になる。いわゆるヘタウマなもの、ユルいもの、素朴な絵。

三井記念美術館は、去年の仏像展でも踊る仏像とか「仏像の顔や表現や姿」でキュレーションしてて(特別展「仏像の姿」~微笑む・飾る・踊る~)、今回もそれと似たニュアンスのキュレーションでいいよね。好きだ。

特別展「日本の素朴絵―ゆるい、かわいい、たのしい美術―」|NHKプロモーション

日本橋高島屋で山口蓬春展を見た

2019年8月11日、日本橋高島屋まで、山口蓬春展を見に行ってきた。

山口蓬春は初めて見たし初めて知った。とても良かった。日本の絵なんだけどモダン。西洋画からスタートしながら日本画に転向し(やまと絵というカテゴリーがあるそう)、その後モダンな方向に進み、最終的には和洋が融和した世界にたどり着くという、絵の変化もとても広い。

見に行って良かった。

2019年5月4日、東寺展へ(東京国立博物館平成館)

2019年5月4日、東京国立博物館平成館まで特別展「国宝 東寺 ― 空海と仏像曼荼羅」を見に行ってきた。東寺からはるばる15体の仏像がいらっしゃってきてくれた。

写真は帝釈天騎象像。唯一写真撮影OKだったもの。ありがたく撮影させていただく。かっこいい。

続きを読む 2019年5月4日、東寺展へ(東京国立博物館平成館)

2019年5月25日、島根県立美術館で堀江友聲の展覧会を見てきた

2019年5月25日、島根県立美術館で堀江友聲の展覧会を見てきた。

日曜美術館のアートシーンで紹介されていて、ちょうど松江への帰省のタイミングと合っていたので、見に行ってきた。

好み。素晴らしかった。見られて良かった。

動物や鳥の描写は、すごく繊細なんだけど野生っぽさを感じる。とにかくかっこいい。図録を購入。

続きを読む 2019年5月25日、島根県立美術館で堀江友聲の展覧会を見てきた

2018年行ってよかった展覧会10選

今年も、見に行ってよかった展覧会(美術展、博物展)をまとめてみた。2018年に行った中から印象に残っている展覧会10選。

今年行った展覧会はおそらく合計38回(この記事を書いたあとに2件行ったので、合計40回になった)。友人の作品を見に行ったものも含んでる。その中から、行った順で10個。10個に絞るのはむずかしいね。

続きを読む 2018年行ってよかった展覧会10選

はしもとみおさんの展示「どうぶつゆうびん局へようこそ!」を見に郵政博物館へ

2018年9月1日、はしもとみおさんの展示「どうぶつゆうびん局へようこそ!-はしもとみおの木彫の世界-」を見に郵政博物館へ行ってきた。会期が9月9日までだったので、滑り込みぎりぎり。

素敵だった。展示されている動物作品があたたかい。ありきたりな表現だけど、生きているみたい。

木彫りの作品は近くで見ると結構ざくざくした感じなんだけれど、なぜだかわからないけれど優しさや温かさを感じる。そしてみんなかわいい。

続きを読む はしもとみおさんの展示「どうぶつゆうびん局へようこそ!」を見に郵政博物館へ

平塚市美術館「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋」に行ってきた

平塚市美術館まで、「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋」を見に行ってきた。初の平塚市で家からかなり遠かったけど、見に行けてよかった。素晴らしかった。

金魚の立体感がすごくて絵には見えない。アクリルに描いて、その上にアクリルを流して絵を重ねていくという仕組みはわかるけど、最近の作品になるほど、ほぼ立体の金魚に見える。

続きを読む 平塚市美術館「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋」に行ってきた

藤城清治「光と影の生きる喜び展」2018を見に行く

2018年8月13日、藤城清治「光と影の生きる喜び展」2018を見に行く。銀座の教文館9階ウェンライトホール。

この数年は藤城さんの展覧会に毎年行っていて毎回思うけれど、その年の作品が非常に多くて驚き、感嘆する。上の写真も、2019年に宮崎空港に飾られるというステンドグラス作品のプロトタイプ作品。プロトタイプなので縮小サイズだけれど、それでもかなり大きな作品。そしてこれよりも大きいものを宮崎空港向けに現在制作しているというからもう。

続きを読む 藤城清治「光と影の生きる喜び展」2018を見に行く