Paul McCartneyのIt’s So Easyってどうせ軽い感じのだろうと思ってたら、ずいぶんとどっしりしたものが出てきたでござる

2011年7月11日

バディ・ホリー(Buddy Holly)のトリビュートアルバムに、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)が参加。「It”s So Easy」をカバーしている。

で、まあなんというか、聴く前からなんとなくイメージできるというか、「きっとそんなにはずしたことしないよね」と思っていたら、ずいぶんとどっしりしたロックなものが出てきて、ビックリしたでござる。

いやちょっとあんた、バディ・ホリーのカバーでこんなロックなことするとは思ってなかったわよ。

2年前のアメリカのツアーでちょうどバディ・ホリーのゆかりの地ということでこの曲をカバーしていて、それはまあ、想像つくカバー。特に奇をてらうでもなく、ポールらしく、オリジナルを尊重した素直な感じ。まあすごく順当っちゃあ順当。

▲テキサス州でのライブから、「It”s So Easy」

それが2年経って、改めてトリビュート盤に収録されるとなると、そんなのになるんや。ちょっとびっくり。かっこいいよ。

7月12日追記。改めてiTunesのページを見ていたら、もう1曲ポールの「It”s So Easy」が収録されてるジャマイカ。なんじゃそりゃ、2バージョン収録。もう一個の方は普通なカバー。帰ったら買わなきゃ。

[Ad]

[Ad]