同じ靴を買い続ける(Patrick SULLY)

この数年ほど、気に入った靴はまったく同じものを買い続けている。こないだ、秋冬に履いているこの合皮のスニーカーがダメになったので、買い直した。PATRICK(パトリック)のSULLY(スリー)というスニーカー。

このスニーカー、自分の足にとてもフィットするだけでなく、すごく軽いのだ。あたりまえの表現になってしまうけれど「履きやすい」。しかも、薄くて軽いのに、冬に寒くない。

続きを読む 同じ靴を買い続ける(Patrick SULLY)

iPhone7を買った

iPhone7

9月18日、iPhone7を買った。

ずっとiPhone5sを使っていて、そろそろいろいろとモッサリ感があったり電池の持ちも悪くなってきたりで買い換えのタイミングを待っていて、iPhoneXとiPhone8の発表のタイミングで買い換えた。発表のタイミングでiPhone7の実質の値段が下がったので、iPhone7に。

やっぱり画面のサイズは大きいね。良くも悪くも。5sに慣れていたので持った感じは大きく感じるけれど、画面が大きくて写真の表示が見栄えが良くてそのあたりはいいなあと思う。

続きを読む iPhone7を買った

ああ、この孤独や小さな恐怖というやつはブルースと呼べばいいのか

この数か月というか半年ぐらいというか1年ぐらい、孤独というか何かに怯えるような感じの小さな恐怖に向き合いながら生きている気がする。日によって調子いいときもあればキツいときもあって、でもまあそういうもんやよなとも思っていて。小規模事業体として事業を前に進めるということはこういうもんやよなって。

続きを読む ああ、この孤独や小さな恐怖というやつはブルースと呼べばいいのか

上野動物園の真夏の夜の動物園、ゾウの日のトークイベントに行ってきた

8月12日はゾウの日。上野動物園の真夏の夜の動物園で、アジアゾウ飼育員とWWFの人によるゾウのトークイベントを聞いてきた。ゾウのバッジはアンケートを書いてもらったもの。

続きを読む 上野動物園の真夏の夜の動物園、ゾウの日のトークイベントに行ってきた

藤城清治「光と影の楽園展」に行ってきた

2017年8月5日、今年も藤城清治さんの影絵展に行ってきた。藤城清治「光と影の楽園展」。

毎年思うけれど、今年2017年制作の新作がかなりの点数あって(図録の挨拶には20点以上とあった)、感嘆する。しかもどの新作も大きな作品ばかりで、まだまだお元気そうでうれしい。

作品は素晴らしいものばかりだった。いつかお金ができたら、家に飾れるぐらいのものを買いたいねと本気で思うくらい。

続きを読む 藤城清治「光と影の楽園展」に行ってきた

大田区の川端龍子記念館に行ってきた

2017年8月6日、大田区の川端龍子記念館に行ってきた。たぶん正式には大田区立龍子記念館。

先週、山種美術館での「特別展 没後50年記念 川端龍子 -超ド級の日本画」を見てすごく興味を持ったので、記憶がまだあるうちに大田区の川端龍子記念館に行ってきた。いまならちょうど作品の被りはないはずだし。

山種美術館での特別展ももちろん代表作の大きな絵がどんどんどんとあってすごかったんだけど、大田区の龍子記念館もすごかった。よかった。右に左にうねった形の広い一つの部屋に(この後に案内で聞いた話だと建物は龍を模しているそう)、作品の点数とすると10数点ぐらい。とても大きな作品が、ゆったりと展示されている。

続きを読む 大田区の川端龍子記念館に行ってきた

「特別展 没後50年記念 川端龍子」を見に行った

2017年7月30日、山種美術館まで「特別展 没後50年記念 川端龍子 ―超ド級の日本画―」を見に行った。

Eテレの日曜美術館で見て、これはちょっと見ておかないとと思って見に行ってきた。川端龍子のことは番組を見るまで知らなかったんだけれど、「会場芸術」という大きな絵の表現と、絵の背景にあるメッセージが気になって、それで見てきた。

よかった。大きな絵ってやっぱり好きだ。

【特別展】没後50年記念 川端龍子 ―超ド級の日本画― – 山種美術館